イタリア時間でびとくらし

イタリア時間「住まいかた」前編

イタリア生活で見つける「びとくらし」

イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。

イタリアに暮らす彼女の話しを聞いていると、度々、イタリアでは日本と全く違う時間が流れているように感じることがあります。しかもとても豊かな時間でした。時間の流れの違いの中に豊かさの理由が隠されているように思えてなりません。ぜひ、この理由を一緒に探してみませんか?

イタリアでの住まいかた (前編)

ひとびとの暮らしに直結する住まいですが、
イタリアの住まいは日本のものとはもちろんちょっと異なります。
新しい街をどんどん開発し、新しい住宅が雨後の筍の様に存在する日本と違い、
古くからある住宅に住み続けるのがイタリアでの基本的な住まいかたのスタイル。
街の美しさを保つことももちろん、愛着心も自然と生まれてきます。
ビジネスの中心地として知られる大都市以外は、
まだまだ多くの人たちが、生まれ育った街を出ずに生涯を終えていくように思うここイタリア。
イタリア人の家に対する愛着がなんだかとても強く感じるのは私だけではないように思います。か

一軒家タイプはとても珍しい住まいの形

一戸建てタイプか、マンションやアパートといった集合住宅タイプ。
日本での住宅スタイルはの多くは大きくこの2タイプに分けることができ、
大都市部では集合住宅が多いものの、“狭小”住宅と呼ばれるような戸建住宅も存在し、
準都市部から郊外部へと向かうに連れ、一軒家としての戸建住宅が多くなってきます。

イタリアでの住宅というと、殆どが集合住宅タイプ。
恐らく、かなり住民数が少ない地方都市であっても、いわゆる街の中心部に住まう人たちの住いは集合住宅タイプで、一軒家スタイルの住まいはとても少ないのではないでしょうか。

イタリアの都市部の外れや、郊外では独立した住宅をよく目にするかと思いますが、
実はこの建物の多くも一軒家ではなく、複数世帯が共同で住む住宅であることが多くあります。

ローマやミラノと言った観光地の中心部にもそこかしこに立ち並ぶ昔ながらの建物も、
その多くは個人宅のアパートメントが入る集合住宅である場合がよくあります。
観光地として有名でもない街であっても、古くからの建物がのきを連ねている風景によく出会うことがあります。

日本でなら「こんな古い建物は取り壊し、新しく容積率いっぱいでマンションを建てて再開発だ」と、新しい建物に姿を変えてしまうのが常ですが、
ここでは多くの街まちで建築統制を掲げており、建物の建て替えが簡単に出来ない仕組みになっています。ですので、基本的に街の中心部で「新居」を得るチャンス非常に乏しく、
多くの人が既存の住宅にリフォームを施して住み続けているのです。

ちなみに、今私達が住むコンドミニオ(イタリアで言うマンション)は建築が1980年。
入居前に全改装を行っています。

天井から床まで完全な改修を施した我が家の様子

完全に生まれ変わった改修後の姿

イタリア人が東京や大阪などの街を見て「すごい!」と口々に言う気持ちもよくわかりますね。
だって、ここでは基本的に存在しない現代的な都市の形ですから。

イタリアでの住まいかた (後編)へ続きます。3月18日掲載予定です。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

Atsuko Niwa

イタリア在住。現在はワインや蜂蜜を日本に輸出する業務に携わり、翻訳、日本語教師なども徐々に行っています。

出版広告業界を経て、その後15年弱、不動産業界の広報・採用業務に携わる。40歳目前に違う世界を見てみたくなりワイン業界へ転身。イタリアに興味を持ったのは、様々な種類があり個性豊かなイタリアワインをよく飲む中で、イタリアワインについているエチケットが自分で読めたら、もっとワインを愉しめるのではないかと思いイタリア語を習い始めたのがきっかけ。 その後、3ヶ月間イタリア旅行へ行き、アモーレと出会い、41歳の冬にイタリアに渡り、現在に至ります。

AIS認定ソムリエ、WSET Level2(ワインを理解するうえで不可欠な知識を得ることを目指すイギリスの資格)。

http://amaregiappone.com

https://www.facebook.com/amaregiappone.Atsuko.Niwa/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 暮らしのそばにある折形

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 […]

  • 【セミナー】整理収納と記憶整理術セミナー

    整理収納と記憶整理術セミナー 講師:小林朗子 他

    びとくらしサイトでのコラム、またサイトの主催者である小林朗子さんがWAWORKとして整理収納に関するセミナーを開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをクリック […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「隙間をつくる心地よさ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 【お教室】折形−おりかた (第二回目)

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の大二回目が令和2年9月30日に開催されます。 今月から年末にかけて年始のお飾りを学部事ができます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「銀杏」

    暑さがまだまだ残りますが、9月になりました。 すっかり涼しくなったとはなかなか表現できない本年ですが、 静かに秋の到来を待ちたいものです。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌た […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    手放すことで生まれる循環

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 【お教室】折形-おりかた

    今月の折形 : 香包(こうづつみ)など

    8月に当サイトで新しく「暮らしのそばにある折形」の連載が始まった、小池博美先生のお教室が令和2年9月9日に開催されます。 8月に第一回目のお教室がありましたが、参加者数が定員にすぐに達してしまったため、 今回は第一回目と […]

  • 写真家からみえる景色

    「残暑の光」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「残暑の光」 &n […]

  • 暮らしのそばにある折形

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-お […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    観葉植物とつくる希望の空間

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「おしゃべり上手の秘密」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「べいなす」

    台風の到来がゼロに終わった7月、観測史上初めてのことだとか。 毎年少しずつ現れる気候の変化が気になるここ数年ですね。 季節の移り変わり。気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食の中にも「旬の食材 […]