たいせつなものは身近なものへ

着物リメイク

モノが多いなぁと感じますか。

たくさんモノがあふれている時代ですね。

年齢のせいか、懐かしいモノが流行する光景も頻繁に目にするようになりました。
ただ、そのまま終りを迎えてしまうモノもあります。

「いえととのえ(整理収納)」のお仕事をさせていただく中でも、手放すことに困るモノが「着物」です。
大切にされてきた「着物」は、受け継いだり、手作りしてきたものだからこそ、思い入れが強いこともあります。

着物は繰り返し、繰り返し

「着物」は反物という、着物を仕立てる布地でつくられています。
反物はおよそ幅36cmあり、その布地から着物を仕立てます。
サイズ調整は自分で行うこともできる、とても融通のきく衣類です。

いまでいう「リメイク」の原点のようにも思えます。
しかし、少し前までは、元の材料で何度もつくりかえたり、修理をしたり、形を変えたり、モノを変えたり、最後の最後まで使い切っていたものですね。

今は何か不都合があると、「買い換える」が主流となり、「使えるけど、使えない」そんなモノが家には増える一方で、モノが多い暮らしとなりました。

着物の話に戻りますが、着物を着る機会は催しのときぐらいでしょうか。
あえて着物を着て出かけるイベントも近頃は見られますが、日常ではなくなりました。

着物が処分される際には、ほとんど値段がつかないため、良いものも含めて価値がわからないまま安く売られたり、行き場を失い処分されています。

大切な着物はどうされますか?

着物をそのまま譲り受けても、今では着物を入れておく箪笥を持っている家も減っていますね。
収納場所に困るからといって、断るわけにもいかないですから、気持ちとしても大切に受け継ぎたいと思います。

モノはなんらかの役割があってこそ生きるものです。
せっかくなので、使えるモノとして手元に残しておくことも必要です。

着物を着る機会が増えれば良いのですが、少し難しいですね。
モノは大切にしたい、そしてモノは使ってもらってこそ、生きがいがあります。

そこで、
着物を「おふくわけ」として、生まれ変わらせることをはじめました。

掲載している写真は風呂敷です。
贈り物を包んだり、エコバックにしたり、インテリアとして壁を彩っても良いでしょう。
新たなモノの生きかたをつくりだします。

ご相談うけたまわります。


おふくわけ ofukuwake.jp

日本の「おすそ分け」文化。そもそも着物の裾を分けてあげるところから来た、このことば。

今回の企画も高齢者の方から、海外へまた国内へとおすそ分けの輪を広げたいという意味があります。

「おすそわけ」を目上の方に使う言葉として「おふくわけ」ということばにちなんだ名称です。

いろんなリメイクはfacebook、instagramでご覧いただけます。

facebook / instagram @ofukuwake.jp

お問い合わせはこちらから contact@ofukuwake.jp

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「トウガラシ」

    春が過ぎ、夏の訪れを感じたら、梅雨入りとなりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にし […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「大切なものを見つけること」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「梅雨のあいまに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「梅雨のあいまに」 […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(2)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「イタリアの朝食」

    「少しずつ日常が戻ってきていますよ」とイタリア、マルケ州アンコーナ住まいのライター丹羽淳子さんからのメッセージと今月のエッセイを受け取りました。 コロナ禍で大きな被害を受けている様子はニュースで見聞きしていますが、このよ […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「ゴーヤ」

    春らしいやわらかい陽射しが、少しずつジリリと焼け付くようなアツさを持つようになりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    整理収納コンサルティングとしての気づき

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「すこしずつ、ゆっくりと」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「すこしずつ、ゆっ […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(1)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「お祝いしよう」

    イタリアでの日常生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピックを、マルケ州アンコーナ住まいの […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「三つ葉」

    自宅で過ごす時間が長くなり、外に出て自由に過ごせる時間が心から愛しく思えた今年の4月がようやく終わり、5月が始まりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べ […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    引き算する整理収納

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]