ハギレで編むおまもり

着物リメイク「おふくわけ ofukuwake.jp」

使われなくなった物を新しいカタチに生まれ変わらせ、再び価値のあるものにすることを「アップサイクル」と呼びます。
使い手をなくし、廃棄される運命をたどる着物や帯をクラッチバッグや小物にアップサイクルする活動を行っているのが「ofukuwake」。
今回はこの「Ofukuwake」がおこなったワークショップイベントについてのご紹介です。

Ofukuwakeワークショップ「ハギレで編むおまもり」

先日呉服屋さんで開催させていただいた「ofukuwake」のイベント、ワークショップ。
おまもりづくりをご提案いたしました。

なんとも愉快で不思議な会となりました。

着物のハギレを裁断してお守りをつくる

手順はとても簡単なものです。

1. 着物のハギレの生地を選ぶ
2. 着物のハギレを1cm弱の幅で4本裁断する(長さは自由、ひとまず30cm幅)
3. 四つ編みをする
4. 完成

しかし、これが単なるお守りづくりにはならないのです。

1. 着物の生地を選ぶ

着物にはその柄が表現する意味が深く込められています。菊の柄は長寿、竹の柄は生命力、水の柄は苦難を流して常に清らかに、
などなど様々です。
布選びによって、そのおまもりにどんな思いを込めたいのかを決めていただきます。
この時点でみなさん、楽しく悩みに悩まれましたね。
色合いも素敵なハギレがたくさんあるので目移りしてしまいます。

2. 着物のハギレを1cm弱の幅で4本裁断する(長さは自由、ひとまず30cm幅)

そして、ハギレを裁断していきます。
皆さんもちろん着物にハサミを入れることはしたことありません。「本当に良いのですか?」と緊張されながらも、
そんな気持ちも最初だけ、次から次へとどんどん裁断していきます。

おもしろいですよね、「壊す」「切る」「捨てる」などモノを壊すようなものへの抵抗感はやはりあります、
でも緊張感は初めだけなのです。
私はとても大事だと思うのです、「自ら」その行為を行うということ。
好きなものだけ手に入れたはずなんだけど、使わない。しかし、手放す勇気はない。
自分で手に入れたモノだからこそ、自分で始末する覚悟が必要なのです。
誰かがしてくれるわけではないです、整理収納の場面でも決めるのは自分自身です。

3.四つ編みをする

これまた、単純な作業ですが、単純な作業だからこそ黙々とできるのです。
おまもりづくりですから、どんな思いを込めて編みたいのかはご自身と向き合っていただきたいと思いました。
三つ編みの経験はあっても、四つ編みの経験は無いという方が皆さんでしたね。案外なれると簡単です。

四つ編みは本当に皆さん個性が出ていました。
ギューギューっと編みこまれるかた、ゆるゆるの方、最後まで編んだけれどもっと綺麗に編みたいとやり直しをされて
いた方、みなさんのひと編みひと編みが大切に込められているように感じました。

4. 完成

これで完成です。

出来上がりは、みなさんひとつとして同じものは無く、個性が出ていました。
早い方はどんどんどん次の2本目へと進んでいらっしゃいました。

そのあと、完成したおまもりについて、どんな思いでつくられたのかもお聞きしたのですが、思い思いの気持ちが込められていてとても心あたたまる時間でした。

年明けの1月からこのようなイベントにご一緒させていただきとてもありがたかったです。

このおまもりは、ハギレを切って編んだ、とても単純なものです。簡単にほつれてきたり、ぼろが出てきてしまうかもしれません。ただ、1年間大切に持ち、また翌年新しく作って進化していいくこともまた楽しくなりますね。

パワーをいただけた1日でした。

 

ofukuwake.jp
https://www.instagram.com/ofukuwake.jp/
https://www.facebook.com/ofukuwake.jp/


ofukuwake' story

日本の「おすそ分け」文化。

そもそも着物の裾を分けてあげるところから来た、 このことば。

たいせつにしたいものを「おすそわけ」する。

丁寧にいうと「おふくわけ」。

そんな気持ちをひとつひとつ丁寧にかたちにします。

-------------------------------

整理収納コンサルタントの仕事で多くのお客様のお片付けをさせていただいてきました。 そこで、改めて人とモ ノと向き合う大切さに気づかせていただきます。 日々増えていくモノの中で、モノはつぎつぎと上書きされ、埋もれていき、大切なモノが自分でも気づかないうちに、見つけづらくなっていき ます。 そして、多くのモノが手放されていく中で、手放そうと手にしたモノが大切だったモノだった ことに気づくことがあります。その中でのひとつが着物にまつわるモノです。

着物のすべてを救うことは今の時点では難しいですが、一部でも次の時代に引き継がれるように、形を変えて残し、そして使っていけるモノとして生かしていきたいです。 現在は「帯」を使った「アップサイクル」商品を展開しています。

ofukuwake 小林朗子

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 暮らしのそばにある折形

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 […]

  • 【セミナー】整理収納と記憶整理術セミナー

    整理収納と記憶整理術セミナー 講師:小林朗子 他

    びとくらしサイトでのコラム、またサイトの主催者である小林朗子さんがWAWORKとして整理収納に関するセミナーを開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをクリック […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「隙間をつくる心地よさ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 【お教室】折形−おりかた (第二回目)

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の大二回目が令和2年9月30日に開催されます。 今月から年末にかけて年始のお飾りを学部事ができます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「銀杏」

    暑さがまだまだ残りますが、9月になりました。 すっかり涼しくなったとはなかなか表現できない本年ですが、 静かに秋の到来を待ちたいものです。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌た […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    手放すことで生まれる循環

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 【お教室】折形-おりかた

    今月の折形 : 香包(こうづつみ)など

    8月に当サイトで新しく「暮らしのそばにある折形」の連載が始まった、小池博美先生のお教室が令和2年9月9日に開催されます。 8月に第一回目のお教室がありましたが、参加者数が定員にすぐに達してしまったため、 今回は第一回目と […]

  • 写真家からみえる景色

    「残暑の光」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「残暑の光」 &n […]

  • 暮らしのそばにある折形

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-お […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    観葉植物とつくる希望の空間

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「おしゃべり上手の秘密」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「べいなす」

    台風の到来がゼロに終わった7月、観測史上初めてのことだとか。 毎年少しずつ現れる気候の変化が気になるここ数年ですね。 季節の移り変わり。気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食の中にも「旬の食材 […]