おおさかをカンヴァスに見立てて

おおさかカンヴァス

2016年「おおさかカンヴァス」は2016年10月22日~30日の9日間、万博記念公園で開催されました。今年のタイトルは「おい、太陽。」、「太陽の塔を振り向かせろ。」と題されて、公募開始されました。
おおさかカンヴァスアート

公募期間は4月下旬から6月下旬の2ヶ月間、制作予算上限は500万円。いろんな公募作品の中から審査を経て選ばれた6つの作品が展示されました。

「おおさかカンヴァス推進事業」が、大阪のまちをアーティストの発表の場として「カンヴァス」に見立て、大阪の新たな都市魅力を創造・発信しようとするものです。
「おおさかカンヴァス推進事業」のこの企画は、公共空間とアートのコラボレーションによって、都市や地域の新たな魅力を発見、発信することと、アーティストが、アイデアと想いを実現できる機会を得ることを目的に、平成22年度から始まりました。

「公共空間とアートのコラボレーション」というアートの見せ方が、身近に「アート」を感じたり、触れたり、目にする場として提供され、昨今のアートの盛り上がりにつながっているように思います。いつもの日常の中にあることがポイントです。

アートは比較的「暮らし」から距離をおいたポジション、「暮らし」の中の一部としてはとらえられにくい部分ではありますが、そのアートの考えが変化し、家の中にもアートとして感じる点も増えてきました。
暮らしの中でのアートは個人の判断に委ねられる部分が、さらにアートとしての魅力でしょう。

今回の公共空間は屋外の広い広い万博記念公園で開催されました。
自然環境と戦うアーティストたちです。

おおさかカンヴァスアート

今回のアート作品では、五感を感じました。
目、耳、鼻、口、触、つまり視覚、聴覚、臭覚、味覚、触覚を体験できるアートが揃っていました。

アートは比較的「視覚」だと感じることが多かったのですが、体験したりすることもあり、新しいアートとのふれあい方を感じ取れました。

この大きな太陽の塔を振り向かせる為に、アーティストたちの挑戦が開催されました。

印象的だった「ちびがっつ」さん
太陽の塔に対抗し、「太陽の人」と命名された作品
太陽の塔になりきって、開催期間の展示時間中はずっと太陽の塔に向かって立ち続けます。

吹きっさらしの草原に立ち続ける「太陽の人」小さいながらもとてもエネルギーを感じました。
「がっつ!」と声をかけると「がーーーーっつ!」と返事が返ってきます。
これは遠く離れた場所から叫んでも叫び返してくれます。
その瞬間に観覧者から笑い声が聞こえてきます。その雰囲気はとても心地よかったのです、見ず知らずの人びとが一瞬でつながったように思います。

おおさかカンヴァスアート

日常ではいつも美術館巡りをすることでアートを体験することが多いですが、新たなアートの可能性に今更ながら感じ取ることができる、「おおさかカンヴァス」でした。

自分の中での五感の感覚が少しもみほぐされ、膨らんだ気がしました。

応募は毎年春に開催のようなので、ぜひ一度気になる方は挑戦しても良いですね。
また、来年の見学も楽しみにしています。

http://osaka-canvas.jp/


カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「トウガラシ」

    春が過ぎ、夏の訪れを感じたら、梅雨入りとなりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にし […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「大切なものを見つけること」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「梅雨のあいまに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「梅雨のあいまに」 […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(2)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「イタリアの朝食」

    「少しずつ日常が戻ってきていますよ」とイタリア、マルケ州アンコーナ住まいのライター丹羽淳子さんからのメッセージと今月のエッセイを受け取りました。 コロナ禍で大きな被害を受けている様子はニュースで見聞きしていますが、このよ […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「ゴーヤ」

    春らしいやわらかい陽射しが、少しずつジリリと焼け付くようなアツさを持つようになりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    整理収納コンサルティングとしての気づき

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「すこしずつ、ゆっくりと」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「すこしずつ、ゆっ […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(1)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「お祝いしよう」

    イタリアでの日常生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピックを、マルケ州アンコーナ住まいの […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「三つ葉」

    自宅で過ごす時間が長くなり、外に出て自由に過ごせる時間が心から愛しく思えた今年の4月がようやく終わり、5月が始まりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べ […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    引き算する整理収納

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]