旬の野菜でひとつきひとくぎり

今月は「水菜」

​今月は「水菜」です。
イラストは、イノウエエリコさんによるものです。
イノウエエリコさんからのメッセージ
「水菜のシャキシャキとみずみずしい茎が大好きです。春に向かっているとはいえ
寒い日が続きますので、お鍋に入れたり、煮たりして食べたいです。」

一番下のカレンダーもぜひダウンロードしてご利用ください。
ぜひ季節の野菜料理を一品、気軽に食卓に取り入れてみてください。

<旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎり>
- 慌ただしい日々の中で-
季節の移り変わりを感じるのは、気温の変化や外の景色の変化など、様々な光景で季節を感じています。
食べることから季節を感じることも多いです。
食卓で季節を感じる食材を目にしたときには、「旬だなぁ」と改めて感じることがあります。

しかし、慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。
そんなとき、この記事を通して、少し立ち止まってもらえるきっかけになれば嬉しいです。

今では年中食べられる食材が多くなりましたが、やはり”旬”はあります。
毎月、”旬”の野菜を紹介していきます。
食卓に「あともう一品あるといいな」と思うときに、小鉢に”旬”のお料理を取り入れてみてはいかがでしょうか。
そして、本サイトトップのイラストを描いていただいているイノウエエリコさんによるカレンダーが本サイトからダウンロードできます。
毎月のひと月の区切りとして、お好みのサイズで印刷して、ご利用ください。

水菜(mizuna)

今月は「水菜」です。
水菜は、日本特産の野菜で京都で古くから栽培されていた京野菜、その為京菜と呼ばれることもあります。

お鍋に入れても彩あざやかになり、生のままでもシャキシャキとした歯ごたえを楽しめる野菜です。さっぱりした味ですが、カロテンとビタミンCがとても豊富です。

保管する際のポイントは、葉先を乾燥させないことですね。新聞紙にくるんでビニールに入れて野菜室へ保管すると良いです。

今月の小鉢は「水菜の白和え」

シャキシャキとした歯ごたえの水菜とお豆腐を和えることで、ボリュームのある一品になります。
生で食べる時はドレッシングでサラダにしてしまいがちですが、「白和え」はとても簡単です、時間をかけずにできます。野菜が高騰している中、一つの野菜プラス何かで一品できると家計にも優しいですね。

・材料
水菜  1束
豆腐  150g(絹でも木綿でも大丈夫です、お好みの触感でお選びください)
白だし 大さじ2
砂糖  小さじ1
白ごま 大さじ2
ごま油 小さじ2

・つくり方
1. 水菜は洗って3cm程度に切ります
2. 白ごまをすりつぶします。(すり鉢が無い場合にはビニールなどに入れてつぶしてもOKです)
3. 豆腐、白だし、砂糖、白ごま、ごま油をすべて混ぜます。
4. 豆腐が少しペースト状になったら、水菜を入れて和えれば完成

今月のカレンダー

イノウエエリコさんによる「水菜」が描かれたカレンダーです。

繊細な野菜に見えて、冬の寒さをしのげる強さが伝わってくるイラストです。

‣DOWN LOAD
上は2月、下は3月のカレンダーです。
印刷を出力するときに、指定のサイズを選んで紙をセットしてご使用ください。

大寒波が日本列島を覆っていますね、どうぞ厳しい寒さですが野菜で栄養をとって
風邪ひかないようにお過ごしください。


イラスト:イノウエエリコ

セツ・モードセミナー卒。

植物画や人物画を得意とし、日々の生活に彩が生まれるような作品制作を心がけています。

自身の描いたイラストを使った雑貨制作などもしています。

詳しくはWEBサイトをご覧ください。

karakorori@gmail.com

http://hatsuka3.tumblr.com/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 暮らしのそばにある折形

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 […]

  • 【セミナー】整理収納と記憶整理術セミナー

    整理収納と記憶整理術セミナー 講師:小林朗子 他

    びとくらしサイトでのコラム、またサイトの主催者である小林朗子さんがWAWORKとして整理収納に関するセミナーを開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをクリック […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「隙間をつくる心地よさ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 【お教室】折形−おりかた (第二回目)

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の大二回目が令和2年9月30日に開催されます。 今月から年末にかけて年始のお飾りを学部事ができます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「銀杏」

    暑さがまだまだ残りますが、9月になりました。 すっかり涼しくなったとはなかなか表現できない本年ですが、 静かに秋の到来を待ちたいものです。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌た […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    手放すことで生まれる循環

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 【お教室】折形-おりかた

    今月の折形 : 香包(こうづつみ)など

    8月に当サイトで新しく「暮らしのそばにある折形」の連載が始まった、小池博美先生のお教室が令和2年9月9日に開催されます。 8月に第一回目のお教室がありましたが、参加者数が定員にすぐに達してしまったため、 今回は第一回目と […]

  • 写真家からみえる景色

    「残暑の光」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「残暑の光」 &n […]

  • 暮らしのそばにある折形

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-お […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    観葉植物とつくる希望の空間

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「おしゃべり上手の秘密」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「べいなす」

    台風の到来がゼロに終わった7月、観測史上初めてのことだとか。 毎年少しずつ現れる気候の変化が気になるここ数年ですね。 季節の移り変わり。気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食の中にも「旬の食材 […]