旬の野菜でひとつきひとくぎり

今月は「ふき」

<旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎり>

昨今の新型コロナウィルスの流行に身体も気持ちもふさぎがちになる毎日が続いています。
こんな時こそ、旬の食材をありがたくいただき身体にパワーを心に元気を与えることが大事。
ぜひ、今月の旬のお野菜「ふき」を使ったお料理を皆さんも試してください。
季節の移り変わりを気温や景色そして食からもしっかりと感じましょう。

また、まだまだ不便な生活を強いられている方もたくさんいらっしゃると思います。
少しでも早く”いつもの毎日”が皆様のもとに戻りますことをお祈りします。

この記事では「旬の野菜」をイノウエリリコさんのイラストと、今晩の夕食にもすぐに役立てていただけるような簡単な小鉢レシピでご紹介しています。

本記事トップにあるイノウエリリコさんが描いたイラストは、月間カレンダーとして本サイトからダウンロードしていただけます。

ひと月の区切りとして、お好みのサイズで印刷して、ご利用ください。

ふき(Fuki, Japanese Butterbur)

今月は「ふき」です。
ふきと言えば、その若い芽の部分は「フキノトウ」としてよく知られ、ほろりとする苦さが特徴的な春の訪れを告げる山菜です。
お弁当の歌にもありますが、ふきは筋が多く、灰汁が強いことでも知られていますが、独特の味わいと歯ざわりがクセになるお美味しさがあります。
原産地は中国や日本で、英語名からもわかるように海外ではあまり食されていない様です。とある英語のサイトでは、灰汁抜き作業も”Aku-nuki”と表記されているくらいでした。
「美しいモノにはとげがある」の様に、「美味しいフキには灰汁がある」ですね。
生のフキを使ってお料理される際はしっかりと灰汁抜きは行ってください。

今月の小鉢は「ふきと高野豆腐の煮物」

・材料
ふき 3本
高野豆腐 2枚程度(ふきとのバランスをみてお好みで)
出汁 400cc
うすく醤油 大さじ1
砂糖 小さじ1
みりん 大さじ1
酒  大さじ1

・つくり方
1.フキの下準備をおこないますので、お鍋に水をたっぷり入れて沸かし、その間にフキをまな板の上で塩でコロコロ転がします。そして、フキをお鍋に入るサイズに切って、沸騰したお鍋に入れます。
2.高野豆腐は水で戻しておき、水を絞っておきます(水で戻す時間はそれぞれの商品でご確認ください)。
3.1.のふきが少ししなるぐらいになったら、お鍋から出して水で冷やします。冷やしたら皮を向き、5cm程度にきります。
4.鍋に、出汁、うすくち醤油、砂糖、みりん、酒をすべていれてひと煮立ちさせます
5.そこに高野豆腐を入れて15分程度煮ます
6.さらにフキをお鍋に追加して10分程度で完成です

*だし
だしは、昆布とかつおぶしを約10時間水出ししたものを料理で利用しています。

今月のカレンダー

イノウエエリコさんによる「ふき」が描かれたカレンダーです。
小さな動物や昆虫たちが、大きな葉っぱの下で雨宿りしていそうなかわいらしいさ。
でも茎には幻覚作用があるそうですよ。薬用にも使われるそうです。

<イノウエエリコさんからのメッセージ>

描いているときに、幼い頃友人の家の庭にフキがたくさんあり、雨傘のようにしていたのを思い出しました。
ふきのとうは天ぷらなどで食べますが、フキは最近全然食べていないので、今春いただきたいと思います!

‣DOWN LOAD 
印刷を出力するときに、指定のサイズを選んで紙をセットしてご使用ください。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

イラスト:イノウエエリコ

セツ・モードセミナー卒。

植物画や人物画を得意とし、日々の生活に彩が生まれるような作品制作を心がけています。

自身の描いたイラストを使った雑貨制作などもしています。

詳しくはWEBサイトをご覧ください。

karakorori@gmail.com

http://hatsuka3.tumblr.com/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 暮らしのそばにある折形

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 […]

  • 【セミナー】整理収納と記憶整理術セミナー

    整理収納と記憶整理術セミナー 講師:小林朗子 他

    びとくらしサイトでのコラム、またサイトの主催者である小林朗子さんがWAWORKとして整理収納に関するセミナーを開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをクリック […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「隙間をつくる心地よさ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 【お教室】折形−おりかた (第二回目)

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の大二回目が令和2年9月30日に開催されます。 今月から年末にかけて年始のお飾りを学部事ができます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「銀杏」

    暑さがまだまだ残りますが、9月になりました。 すっかり涼しくなったとはなかなか表現できない本年ですが、 静かに秋の到来を待ちたいものです。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌た […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    手放すことで生まれる循環

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 【お教室】折形-おりかた

    今月の折形 : 香包(こうづつみ)など

    8月に当サイトで新しく「暮らしのそばにある折形」の連載が始まった、小池博美先生のお教室が令和2年9月9日に開催されます。 8月に第一回目のお教室がありましたが、参加者数が定員にすぐに達してしまったため、 今回は第一回目と […]

  • 写真家からみえる景色

    「残暑の光」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「残暑の光」 &n […]

  • 暮らしのそばにある折形

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-お […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    観葉植物とつくる希望の空間

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「おしゃべり上手の秘密」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「べいなす」

    台風の到来がゼロに終わった7月、観測史上初めてのことだとか。 毎年少しずつ現れる気候の変化が気になるここ数年ですね。 季節の移り変わり。気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食の中にも「旬の食材 […]