イタリア時間で旬の野菜でひとつきひとくぎり

イタリア時間で旬の野菜「Agretti」

旬の野菜、 Italia編をお届けします

毎月お届けしている「旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎり」。
今月は少し重めの話題だった”イタリア時間”のライターから、せっかくなのでイタリアらしい今の話題を紹介したいと提案がありました。
イタリアと言えばやはり食。
この季節にイタリアでは必ず食べるこのお野菜、ぜひ現地での食べ方を見てみましょう。

日本のオカヒジキのイトコ

外出することが憚れるこの時期、唯一ルーチンとして定期的に訪れるスーパーマーケットには、
春らしいお野菜が続々と登場しています。
その中でも私が大好きな野菜は「Agretti(アグレッティ)」。
イタリアではBarba di Frate(僧侶のひげ)とも呼ばれています。
日本のオカヒジキと似ているのですが同属種では無いとのこと。
オカヒジキの味わいを覚えていないので比較は出来ないのですが、
このAgrettiはほんのりと塩気があり、なんとも不思議な味わいが魅力的です。

Agrettiの食べ方

Agrettiはイタリアの野菜の中では高額帯に入ります。
1Kgで3~4€。
じゃがいもや人参などの常備菜が1kg1ユーロ前後ということを考えると、「高額帯」に属することが理解していただけるのではないでしょうか。
一把として売られている量は大体400~500g程度。
あくまでも、旬の味わいを楽しむものなので、野菜炒めのキャベツのように大量に食べるというわけでは無いようです。

今回は2種類のお料理を用意してみました。

一品目はAgrettiの簡単サラダ

作り方はとても簡単。
200g(二人分)程度のAgrettiを塩茹でます。
茹でる前にAgrettiは根の部分を切り取り、水洗いし土をきれいに落とします。
茹で時間は10~12分程度。
湯をしっかり切り、流水で冷やして軽く絞ります。
そこに、適量のレモンとオリーブオイルをかけて出来上がり。
塩茹でにしていますし、Agrettiが持つもともとの塩気で味わいもしっかり。
シンプルさの中にAgrettiの個性が際立つ一品です。

二品目はAgrettiのフリッタータ

フリッタータとはイタリアでは「卵焼き」を意味します。
オムレツにも似ていますが、こちらではフリッタータは定番料理の一つで、フリッタータ専用のフライパンも存在するほどです。まるで日本のだし巻き卵ですね。

さて、このフリッタータも実に簡単です。
塩茹でしたAgretti 200gを4個分の溶き卵に加えます。
(Agrettiは3cmほどの大きさに切り刻んでおくとまとめやすくなります。)
そこにパルミジャーノ・レッジャーノのすりおろしも加え混ぜ合わせます。
フライパンに大さじ1のエキストラ ヴァージンオリーブオイルを加え熱します。
油が熱くなったら、溶き卵とAgrettiを加え、卵が固まるまで簡単に菜箸でまぜます。
卵が固まりだしたらフライパンに蓋をして底が軽く焦げるまで待ちます。
表面が軽く固まったら、フライ返しで裏返し、この段階で火を止め予熱のみで調理します。
ふわふわに焼き上がった卵にAgrettiの美味しい塩気と軽い苦味がとても合う不思議な美味しさが楽しめます。

2つのお料理は簡単なのにまさに「春」の味。
日本でもイタリア野菜が多く栽培され始めていると聞きます。
ぜひ「僧侶のひげ」を見つけられた場合は、この簡単イタリア料理をお試しくださいね。


Atsuko Niwa

イタリア在住。現在はワインや蜂蜜を日本に輸出する業務に携わり、翻訳、日本語教師なども徐々に行っています。

出版広告業界を経て、その後15年弱、不動産業界の広報・採用業務に携わる。40歳目前に違う世界を見てみたくなりワイン業界へ転身。イタリアに興味を持ったのは、様々な種類があり個性豊かなイタリアワインをよく飲む中で、イタリアワインについているエチケットが自分で読めたら、もっとワインを愉しめるのではないかと思いイタリア語を習い始めたのがきっかけ。 その後、3ヶ月間イタリア旅行へ行き、アモーレと出会い、41歳の冬にイタリアに渡り、現在に至ります。

AIS認定ソムリエ、WSET Level2(ワインを理解するうえで不可欠な知識を得ることを目指すイギリスの資格)。

http://amaregiappone.com

https://www.facebook.com/amaregiappone.Atsuko.Niwa/

https://www.instagram.com/amaregiappone.atsuko.niwa/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 暮らしのそばにある折形

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 […]

  • 【セミナー】整理収納と記憶整理術セミナー

    整理収納と記憶整理術セミナー 講師:小林朗子 他

    びとくらしサイトでのコラム、またサイトの主催者である小林朗子さんがWAWORKとして整理収納に関するセミナーを開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをクリック […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「隙間をつくる心地よさ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 【お教室】折形−おりかた (第二回目)

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の大二回目が令和2年9月30日に開催されます。 今月から年末にかけて年始のお飾りを学部事ができます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「銀杏」

    暑さがまだまだ残りますが、9月になりました。 すっかり涼しくなったとはなかなか表現できない本年ですが、 静かに秋の到来を待ちたいものです。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌た […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    手放すことで生まれる循環

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 【お教室】折形-おりかた

    今月の折形 : 香包(こうづつみ)など

    8月に当サイトで新しく「暮らしのそばにある折形」の連載が始まった、小池博美先生のお教室が令和2年9月9日に開催されます。 8月に第一回目のお教室がありましたが、参加者数が定員にすぐに達してしまったため、 今回は第一回目と […]

  • 写真家からみえる景色

    「残暑の光」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「残暑の光」 &n […]

  • 暮らしのそばにある折形

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-お […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    観葉植物とつくる希望の空間

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「おしゃべり上手の秘密」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「べいなす」

    台風の到来がゼロに終わった7月、観測史上初めてのことだとか。 毎年少しずつ現れる気候の変化が気になるここ数年ですね。 季節の移り変わり。気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食の中にも「旬の食材 […]