今月は「りんご」

旬の果物でひとつきひとくぎり

爽やかな秋晴れが気持ちの良い季節になりました。
何でも美味しく食べれてこまってしまう今日このごろです。
季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。
しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。
この記事では今まで旬の野菜を紹介してきましたが、今月からは旬の果物をイノウエリリコさんのイラストとともに紹介します。

本記事トップにあるイラストは、月間カレンダーとして本サイトからダウンロードしていただけます。ひと月の区切りとして、お好みのサイズで印刷して、ご利用ください。

りんご(ringo, apple)

今月は旬の果物で「りんご」の登場です。
暑さに弱くもともとの生まれは中央アジアと言われています。
もともとは中国からワリンゴと呼ばれる種類のりんごが日本に入ってきたらしいのですが、現在、日本で栽培されているのは西洋リンゴといってヨーロッパ地方が原産のものになります。
世界中では1万程度の品種があると言われていますが、日本だけでも約85種類が農林水産省に品種登録が維持されています。
食物繊維やビタミンC、ミネラル、カリウムが豊富で、リンゴを1つ食べれば医者いらずと言われるほど栄養価が高い果物として長く愛されています。

今月の小鉢は「鶏肉とはちみつのリンゴの醤油煮」

・材料
鶏もも肉 300g
りんご  1個
長ネギ 1本


大さじ2
水 1/2カップ
サラダ油


醤油 大さじ2
はちみつ 大さじ1

・つくり方
1. 鶏肉を一口大にしてきります
2. りんごは一口ぐらいの大きさです(写真のように少し形を残すのであれば、もう少し大きめ)、長ネギは好みの大きさに(約3cm程度)切ります。
3. お鍋にサラダ油をひいて、鶏肉を皮面から焼き、両面焼きいろが付いたら、リンゴとネギをいれ、①を入れます。
4. 3が煮立ってきたら、②を入れて、弱火にして10分〜15分程度煮ます

完成です!
とても簡単ですが、醤油の味がリンゴでまろやかになってとてもさっぱりして美味しいです。
見た目は今回和になりましたが、鶏肉と一緒に入れる野菜を変えると洋風にもなりますね。

今月のカレンダー

イノウエエリコさんによる「りんご」が描かれたカレンダーです。
甘い蜜をたっぷりたくわえた様な林檎たち。すぐに手にとって食べたくなるような美味しさです。

<イノウエエリコさんからのメッセージ>

りんごは姿形も味もトップクラスに好きな果物です!右上のりんごは愛が溢れすぎて特大になってしまいました。。笑
そろそろアップルパイを作りたいなと思います!

‣DOWN LOAD 
印刷を出力するときに、指定のサイズを選んで紙をセットしてご使用ください。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 「掃除のちから」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 今月の旬を味わう「柚子」

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目の前 […]

  • イタリア時間「まだまだ遠い日本」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 「使ってみてわかる良さ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真とエッセイ「アサギマダラに会いに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 スマートフォンの普及で写真を撮る機会が多くなった昨今ですが、何を写すか、どう感じるか、など、 […]

  • イタリア時間「幸せのはかり方」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月の旬を味わう「ざくろ」

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目の前 […]

  • 「私の考えるおかたづけ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真とエッセイ「森の道」

    写真で日常を切り取る、びとくらし。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 スマートフォンの普及で写真を撮る機会が多くなった昨今ですが、何を写すか、どう感じるか、など、 […]

  • イタリア時間「不合理な日常茶飯事」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月は「ぶどう」

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目の前 […]

  • 「心に寄り添うお片づけ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]