旬の野菜でひとつきひとくぎり Italia編

「ねぎ」 イタリア料理編

旬の野菜、 Italia編をお届けします

毎月お届けしている「旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎり」は、和食で「小鉢」になる料理を紹介していますが、「Italia編」では、ワインとあわせたイタリア料理をお届けします。
ご紹介するイタリア料理は、日本人の口にあうように一工夫されています。
日本の料理とはひと味違った、旬の野菜の楽しみ方をぜひお試しください。
併せて、ソムリエの資格もお持ちの彼女ならではの、料理にあうワインを紹介いただいています。イタリア料理とワインをセットでお楽しみください。

イタリアで白ネギは下仁田ネギにも見まがう様な立派なタイプ

子供の頃、においの強い野菜が苦手でピーマン、ニンジン、セロリなどが食べられず、ネギ類も嫌いな野菜の一つでした。これが不思議なことに、年齢を重ねるうちに徐々に偏食の幅が狭まり、今では大抵のものは食べられるようになってきました。ただ、美味しいと感じるほどまでにはなかなかなれず、大人として恥ずかしくないよう残さず食べることができるようになった程度。しかしながら、今回のテーマ野菜「白ネギ」は、塩のみで炙った下仁田ネギを日本で頂戴して以来、大好物のひとつとなった私にとってはメモリアルなの野菜の一つです。

そんな私話しはさておき、イタリアで白ネギはPorro(ポロ)と呼ばれています。
日本では一般的にはリーキと呼ばれているものになりますが、たまにポロ葱という表記も見かけることがあるのではないでしょうか。
西日本でよく見かける葉の部分がほとんどの細ネギで細長い細ネギタイプではなく、それこそ下仁田ネギにも見まがう様な立派な白ネギタイプになります。
ポロ葱を使ったレシピの多くは、この白い部分のみを利用したものになりスープやソース系にしているものをよく見かけます。
スーパーの店頭では写真の様に白い部分だけをきれいに切り分けて販売されていることがほとんどですが、葉の部分を違う料理に使いたかったため、あえて緑が多く残ったものを購入しました。

お料理は「Braciole di Lombo con Porro  豚ロース肉のソテー ポロ葱添え」

今日ご紹介するメニューは、かるく煮込むだけで甘くとろけるような味わいになるポロ葱の性質を利用した、わたしのオリジナルレシピになります。
ご紹介したいワインが赤で、スパイス感と適度なボディがあることも考慮し、使うお肉には味わいがしっかりとした豚ロース肉を用意しました。

お料理自体はとても簡単でシンプルですが、秘密兵器としてマルケ州でSapa(他州ではSaba)と呼ばれる天然の甘口調味料を使っています。(最下部写真)
Sapaとは、ぶどう果汁を長時間煮込んで作られる凝縮したモストのこと。アイスクリームのソースとして使うのが一番簡単な食べ方ですが、お肉やお野菜料理の味付けやコクを出すためにもつかわれます。イメージは酸っぱくないバルサミコ酢です。 天然の果汁のみを利用しているので、安全で自然の旨味をお料理に取り入れることができます。

・材料(二人分)
豚ロース肉 350g 
ポロ葱   1本
Sapa    大匙1
赤ワイン  大匙2 ※
バター   15g
エキストラバージンオリーブオイル 大匙1
ローズマリー 適量
塩      適量
黒胡椒    適量
※赤ワインは料理用ではなく、今回アッビナメントするワインを使用

・つくり方
1. ロース肉を軽く棒でたたき、塩と黒胡椒をまぶし下味をつけます。
2. フライパンにバターを入れ、溶けたところにローズマリーとオリーブオイルを加え温めます。
3. 2のフライパンにロース肉を重ならないように入れ、裏表を2,3分でこんがりと焼き、赤ワインを加えます。
4. 厚さ5㎜程度の輪切りにしたポロ葱をお肉の上にかぶせる様に入れ、その上からSapaをふりかけ軽く塩をします。
5.  フライパンに蓋をし、弱火で5分ほど蒸らしながら焼き、その後ポロ葱の上にロース肉をのせかえ、もう一度3分ほど蒸し焼きにします。
6 . ポロ葱が良い具合にしんなりしたら出来上がり。

あわせたワイン

原産地: イタリア トレンティーノアルトアディジエ州
ワインの名前: TEROLDEGO ROTALIANO 2013
ワインの種類: DOC TEROLDEGO ROTALIANO
生産者:  De Vescovi Ulzbach
アルコール度: 13%
年度: 2013 年

トレンティーノアルトアディジエ州はイタリアで最も北部に位置し、オーストリアやスイスと国境を接しており異国の文化を色濃く感じるエリアです。
標高も高いことからイタリアの他地域では生産が難しいようなブドウ品種が数多く生産されています。
今回のワインはTEROLDEGO(テロルデゴ)という土着品種。
黒スグリや熟しきったブルーベリーといった森のフルーツの香り、またハーブや重さを少しだけ感じるヴァニラのヒント。
味わいはなめらかな酸味、バルサミコ酢、スパイスなどととても豊かです。10ヶ月の樽熟成が施されており、丸みはすこし感じるものいきいきとした骨格を感じる素敵なワインです。

・生産者の紹介
古くからぶどうとリンゴの栽培を行うVescovi一族。一時期ワインの製造を止め、栽培したブドウを協同組合に販売していましたが、現在のオーナーであるジュリオ氏がワイン醸造学の学位を取得したことにより、2003年にワイン造りの伝統が復活しました。BIOおよびバイオダイナミクスによるブドウ栽培を行っており、生産本数も5万本弱。日本国内では恐らく現在取り扱いのない生産者になります。

・アッビナメント
ワインが持つバルサミコのような味わいと、Sapaの持つ独特な甘さが良くあります。また加熱したことでポロ葱の甘さが引き立つものの、もともと持つネギ独特の香りとワインが持つスパイス感が、そして、噛むたびに口に広がる豚肉の旨味とワインの程よいボディが驚くほどよく調和します。

・in addition
 上に「(緑の)葉の部分を違う料理に…」と書きましたが、この緑の葉の部分、写真で見てわかるように横に平たい形状になります。
ネギというよりは、韮のような感じですよね。味わいも韮に似ているので「即席ニラチヂミ」を作りました。
細かく切った葉の部分と、小麦粉適量、卵、お水、だしの素をざっくりと混ぜます。 フライパンに油とゴマ油を少量ひき、そこに生地を薄く延ばし入れ片面に焦げ目をつけた後、ひっくり返しギュッギュっと生地を押し付けます。そのあとフライパンに蓋をして3分ほど弱火で蒸らし焼き。最後に焼き色を付けて出来上がりです。つけダレは唐辛子入りのレモン醤油、ばっちり合います!

写真左から:Sapa/Braciole di Lombo con Porro/即席ニラチヂミ

文・写真/Atsuko Niwa


Atsuko Niwa

イタリア在住。現在はワインや蜂蜜を日本に輸出する業務に携わり、翻訳、日本語教師なども徐々に行っています。

出版広告業界を経て、その後15年弱、不動産業界の広報・採用業務に携わる。40歳目前に違う世界を見てみたくなりワイン業界へ転身。イタリアに興味を持ったのは、様々な種類があり個性豊かなイタリアワインをよく飲む中で、イタリアワインについているエチケットが自分で読めたら、もっとワインを愉しめるのではないかと思いイタリア語を習い始めたのがきっかけ。 その後、3ヶ月間イタリア旅行へ行き、アモーレと出会い、41歳の冬にイタリアに渡り、現在に至ります。

AIS認定ソムリエ、WSET Level2(ワインを理解するうえで不可欠な知識を得ることを目指すイギリスの資格)。

http://amaregiappone.com

https://www.facebook.com/amaregiappone.Atsuko.Niwa/

https://www.instagram.com/amaregiappone.atsuko.n/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 暮らしのそばにある折形

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 […]

  • 【セミナー】整理収納と記憶整理術セミナー

    整理収納と記憶整理術セミナー 講師:小林朗子 他

    びとくらしサイトでのコラム、またサイトの主催者である小林朗子さんがWAWORKとして整理収納に関するセミナーを開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをクリック […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「隙間をつくる心地よさ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 【お教室】折形−おりかた (第二回目)

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の大二回目が令和2年9月30日に開催されます。 今月から年末にかけて年始のお飾りを学部事ができます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「銀杏」

    暑さがまだまだ残りますが、9月になりました。 すっかり涼しくなったとはなかなか表現できない本年ですが、 静かに秋の到来を待ちたいものです。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌た […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    手放すことで生まれる循環

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 【お教室】折形-おりかた

    今月の折形 : 香包(こうづつみ)など

    8月に当サイトで新しく「暮らしのそばにある折形」の連載が始まった、小池博美先生のお教室が令和2年9月9日に開催されます。 8月に第一回目のお教室がありましたが、参加者数が定員にすぐに達してしまったため、 今回は第一回目と […]

  • 写真家からみえる景色

    「残暑の光」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「残暑の光」 &n […]

  • 暮らしのそばにある折形

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-お […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    観葉植物とつくる希望の空間

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「おしゃべり上手の秘密」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「べいなす」

    台風の到来がゼロに終わった7月、観測史上初めてのことだとか。 毎年少しずつ現れる気候の変化が気になるここ数年ですね。 季節の移り変わり。気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食の中にも「旬の食材 […]