旬の野菜でひとつきひとくぎり Italia編

「ジャガイモ」 イタリア料理編

旬の野菜、 Italia編をお届けします

毎月お届けしている「旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎり」は、和食で「小鉢」になる料理を紹介していますが、「Italia編」では、ワインとあわせたイタリア料理をお届けします。

ソムリエの資格もお持ちの彼女ならではの、料理にあうワインを紹介いただいています。イタリア料理とワインをセットでお楽しみください。

イタリアでも定番のジャガイモは、ニョッキや副菜に多用されるコスパの高い人気野菜

ここイタリアでジャガイモ料理と言えば、オリーブオイルとローズマリーなどの香草とともにオーブンで焼いて提供される副菜としてのオーブン焼きや、またプリモピアット(第一のお皿)として食されるニョッキなどがまず思い浮かびます。
どちらのメニューもイタリア料理店のメニューには必ず存在するものですので、イタリアでのジャガイモの利用率は高めであると言えるでしょう。
そして、ジャガイモは我が家の常備菜でもあり、底をつく前に必ず2kg程度のネット入りのものを購入しています。
価格にしておおよそ3€程度(約400円)でしょうか。コストパフォーマンスが高い食材ですよね。
南米のペルーやボリビアなどが原産国で、ヨーロッパ大陸には1570年にスペインへ伝来したのが始まりだそうです。

お料理は「Baccalà in umido con patate  バッカラとジャガイモの煮込み料理」

まずはバッカラをご紹介しましょう。
簡単に言うと塩鱈になります。日本でもお正月に保存食として加工された鱈、“棒鱈”が食べられますが、こちらヨーロッパでも鱈は保存がきく魚として扱われており、開いて内臓を取り天日干しをしたものが日常的に食されています。
干し鱈にもStoccafisso (スカッカフィッソ)と Baccalà (バッカラ) の二種類があり、前者は無塩、後者は有塩で加工されています。日本の棒鱈と違うところは、基本的に浸水し柔らかく戻した状態で販売されていること。ですので、購入してから何日も水につけこみ塩を抜き、柔らかくする必要はなく、すぐに調理することができます。

実は今回のお料理、バッカラではなくストッカフィッソを使いたかったのです。というのも、ストカフィッソ アンコネターノ:アンコーナ風ストカフィッソ という名の郷土料理がここアンコーナには存在しており、2年ほど前に初めて食べて衝撃を受けたのです。
主役であるストカフィッソの美味しさよりも、一緒に煮込まれているジャガイモの美味しさに! この味をわが町の郷土料理としてご紹介したかったにも関わらず、間違ってバッカラを購入してしまっておりました。

少しばかり塩がしっかりしてしまいましたが、美味しさは変わらずでした。
日本でならおそらく鱈の切り身で代替してお作りいただけると思います。Baccalàの切り身はこちらになります。
真っ白で身がほろほろとしているのが見て取れるのではないでしょうか?

・材料 (6人分)
バッカラ   6切れ 約800g
ジャガイモ  3個
ミニトマト  10個
オリーブ(緑色で種を取ったもの) 20個
白ワイン   1カップ
松の実    50g
玉ねぎ    1個
にんにく   ひとかけ
西洋パセリ  一束
ローズマリー 適量
エキストラバージンオリーブオイル 大匙4
塩 適量
赤唐辛子   適量

・つくり方
1. 玉ねぎ、にんにく、西洋パセリ、ローズマリーを細かくみじん切りにして合わせます。
2. 底が深めのフライパンにエキストラバージンオリーブを入れ熱し、1を入れて炒め、
香りが立ったところでバッカラを並べ入れます。
3. 白ワインを流しいれ、半分に切ったミニトマト、オリーブ、細かく刻んだ松の実も入れ蓋をし10分ほど
蒸し焼きにし、味わいをつけます。
4. 皮をむき一口サイズに切ったジャガイモと適量の赤唐辛子を加え、
ジャガイモが柔らかくなるまで蓋をして煮込みます。
5. 仕上げに塩を加え、味を調えて出来上がり。

あわせたワイン

原産地 :ドイツ モーゼル地方
ワインの名前:Wehlener Sonnenuhr Riesling Spätlese Trocken
生産者 :Weingut Kerpen
年度 :2013 年

ドイツのモーゼル川の中流部にあたるヴェーレンエリア、その中でも非常に評価の高いクリュで採れた遅摘みのリースリング種を利用して作られています。
リースリングはドイツやイタリア北部エリアで栽培されるブドウ品種の一つ。
ドイツの様な冷涼なエリアで醸造されたものでは、リンゴやそのほか木に熟する果実の香りとしっかりとした酸味が楽しめます。
また、このワインはシュペトレーゼという階級になり、あえて熟しきった遅摘みブドウを使っており、完熟したブドウのしっかりとした糖度を使い、芳醇な味わいを持つ辛口タイプ(トロッケン)に仕上げられています。

・生産者の紹介
モーゼル地域で約250年、8世代にわたってブドウ栽培、ワイン生産を行っています。
このエリアは世界最大の連続的なリースリング栽培地域で、代々と受け継いだ素晴らしい土壌と技術に加え、
新しく改革的なことも行っています。

・アッビナメント
お料理はかなりしっかりとした塩気と、魚が持つエキスを感じられるものですので、その味わいにつりあう奥行きのあるワインとして、リースリング種でもシュペトレーゼ(遅摘み)タイプのものを合わせてみました。
こちらのワインは2013年ヴィンテージ。
香りにはリンゴなどの果実感は、かなり熟れた感じに変わっており、またリースリング独特のぺトロール香(石油の様な香り)がかなりしっかりと感じられました。
料理自体の重さ、魚のちょっとした臭みなどは、このぺトロール香とまったりとした味わいがしっかりと合わさり、素晴らしいハーモニーを楽しむことができました。


文・写真/Atsuko Niwa


Atsuko Niwa

イタリア在住。現在はワインや蜂蜜を日本に輸出する業務に携わり、翻訳、日本語教師なども徐々に行っています。

出版広告業界を経て、その後15年弱、不動産業界の広報・採用業務に携わる。40歳目前に違う世界を見てみたくなりワイン業界へ転身。イタリアに興味を持ったのは、様々な種類があり個性豊かなイタリアワインをよく飲む中で、イタリアワインについているエチケットが自分で読めたら、もっとワインを愉しめるのではないかと思いイタリア語を習い始めたのがきっかけ。 その後、3ヶ月間イタリア旅行へ行き、アモーレと出会い、41歳の冬にイタリアに渡り、現在に至ります。

AIS認定ソムリエ、WSET Level2(ワインを理解するうえで不可欠な知識を得ることを目指すイギリスの資格)。

http://amaregiappone.com

https://www.facebook.com/amaregiappone.Atsuko.Niwa/

https://www.instagram.com/amaregiappone.atsuko.n/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 暮らしのそばにある折形

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 […]

  • 【セミナー】整理収納と記憶整理術セミナー

    整理収納と記憶整理術セミナー 講師:小林朗子 他

    びとくらしサイトでのコラム、またサイトの主催者である小林朗子さんがWAWORKとして整理収納に関するセミナーを開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをクリック […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「隙間をつくる心地よさ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 【お教室】折形−おりかた (第二回目)

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の大二回目が令和2年9月30日に開催されます。 今月から年末にかけて年始のお飾りを学部事ができます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「銀杏」

    暑さがまだまだ残りますが、9月になりました。 すっかり涼しくなったとはなかなか表現できない本年ですが、 静かに秋の到来を待ちたいものです。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌た […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    手放すことで生まれる循環

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 【お教室】折形-おりかた

    今月の折形 : 香包(こうづつみ)など

    8月に当サイトで新しく「暮らしのそばにある折形」の連載が始まった、小池博美先生のお教室が令和2年9月9日に開催されます。 8月に第一回目のお教室がありましたが、参加者数が定員にすぐに達してしまったため、 今回は第一回目と […]

  • 写真家からみえる景色

    「残暑の光」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「残暑の光」 &n […]

  • 暮らしのそばにある折形

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-お […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    観葉植物とつくる希望の空間

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「おしゃべり上手の秘密」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「べいなす」

    台風の到来がゼロに終わった7月、観測史上初めてのことだとか。 毎年少しずつ現れる気候の変化が気になるここ数年ですね。 季節の移り変わり。気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食の中にも「旬の食材 […]