今年、年賀状出しますか?

年賀状で送る新年のご挨拶

メールやSNSでは人さし指ひとつで簡単に「あけましておめでとう」ということを伝えられることから、葉書を購入して書いて、郵便を出すという「年賀状」の習慣は薄れつつあります。

そもそも年賀状はどのように始まったのかをご存じでしょうか。

大衆文化事典によると
新年の祝いを書いた書状。新年のあいさつにいく年始回りから転じてきたものである。
明治の中頃から、名刺を封筒に入れて送る風が起こり、1899(明治32)年には、年賀郵便の特別取扱いがはじめられ、1905年には制度化され、年賀状は年末に書くもの、という考えが普及していった。(大衆文化事典 弘文堂より)

とされている。

年賀として伝える内容が「新年の祝い」「挨拶」という当初のはじまりから、現在は写真年賀になるなど、どちらかというと「近況報告」の内容が少し強くなっていますね。

近況報告にしますか?ご挨拶にしますか?

「近況報告」の内容であれば、近頃はSNSなどの普及によって、あまり会えない知人友人と連絡がとりやすくなり、近況も日々交換し合っていますね。
SNSの普及状況を考えると、年賀状で改めて「近況報告」をする必要が無いという認識から、年賀状を出すことへの必要性を感じなくなるのは、なんとなく理解できます。

本来年賀状の意味である「新年の祝い」や「挨拶」を手に取ってもらえる形で伝える。ということはとても心のこもったことだと思います。
受け取る方にどのような御礼を伝え、またご挨拶を送るのか、受け取る側も送ってくださった方を思い出して新年をスタートできると、新たな交流が生まれる気もしますね。

簡単に効率的なことは多々ありますが、それまでの過程やかかった時間は必ず思いを伝えるには大切なことかもしれませんね。

年賀状を手放せられない

せっかく頂いた年賀状、いつまで手元に置いておいたら良いか考える方はとても多いです。

ついつい手放せられないため、溜ってしまい、収納に困るという方も多くいらっしゃいます。
しかし、毎年挨拶のやりとりをするためという事を考えると、その年が終われば残さず手放しても良いですね。
どうしても手放せられない方だけを手元に残しましょう。

さてさて、今年、年賀状出しますか?


カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「さくらんぼ」

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 特に「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目 […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「住まいを通して見えたこと」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「春霞む山のふもと」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「春霞む山のふもと […]

  • 【教室】折形講座 —暮らしの中で愉しむ季節の折形 —

    今月の折形 :「菖蒲の花包み」「兜の粉包み」

    「暮らしのそばにある折形」にて登場いただきました小池博美先生のお教室が2021年4月23日(金)に開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。 お申し込みはこちらをクリック。 ・+・ […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「イタリアの結婚事情」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「夏みかん」

    季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。 この記事では「旬の果物」をイノウエリリコさんのイラストと、明日の夕食にで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「人を信用してみるということ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「ひととき」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 写真で日常を切り取 […]

  • 【教室】折形講座 —暮らしの中で愉しむ季節の折形 —

    今月の折形 :「新茶包み」「平梅結び」

    「暮らしのそばにある折形」にて登場いただきました小池博美先生のお教室が2021年3月26日(金)に開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。 お申し込みはこちらをクリック。 ・+・ […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「働くということ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「キウイ」

    季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。 この記事では「旬の果物」をイノウエリリコさんのイラストと、明日の夕食にで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「着物、そしておふくわけ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]