今年、年賀状出しますか?

年賀状で送る新年のご挨拶

メールやSNSでは人さし指ひとつで簡単に「あけましておめでとう」ということを伝えられることから、葉書を購入して書いて、郵便を出すという「年賀状」の習慣は薄れつつあります。

そもそも年賀状はどのように始まったのかをご存じでしょうか。

大衆文化事典によると
新年の祝いを書いた書状。新年のあいさつにいく年始回りから転じてきたものである。
明治の中頃から、名刺を封筒に入れて送る風が起こり、1899(明治32)年には、年賀郵便の特別取扱いがはじめられ、1905年には制度化され、年賀状は年末に書くもの、という考えが普及していった。(大衆文化事典 弘文堂より)

とされている。

年賀として伝える内容が「新年の祝い」「挨拶」という当初のはじまりから、現在は写真年賀になるなど、どちらかというと「近況報告」の内容が少し強くなっていますね。

近況報告にしますか?ご挨拶にしますか?

「近況報告」の内容であれば、近頃はSNSなどの普及によって、あまり会えない知人友人と連絡がとりやすくなり、近況も日々交換し合っていますね。
SNSの普及状況を考えると、年賀状で改めて「近況報告」をする必要が無いという認識から、年賀状を出すことへの必要性を感じなくなるのは、なんとなく理解できます。

本来年賀状の意味である「新年の祝い」や「挨拶」を手に取ってもらえる形で伝える。ということはとても心のこもったことだと思います。
受け取る方にどのような御礼を伝え、またご挨拶を送るのか、受け取る側も送ってくださった方を思い出して新年をスタートできると、新たな交流が生まれる気もしますね。

簡単に効率的なことは多々ありますが、それまでの過程やかかった時間は必ず思いを伝えるには大切なことかもしれませんね。

年賀状を手放せられない

せっかく頂いた年賀状、いつまで手元に置いておいたら良いか考える方はとても多いです。

ついつい手放せられないため、溜ってしまい、収納に困るという方も多くいらっしゃいます。
しかし、毎年挨拶のやりとりをするためという事を考えると、その年が終われば残さず手放しても良いですね。
どうしても手放せられない方だけを手元に残しましょう。

さてさて、今年、年賀状出しますか?


カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「レタス」

    桜の花も早々に開花し、すっかり春の装いですね。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にしたとき […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi 

    はじまりは整理収納との出会い

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されています […]

  • 写真家からみえる景色

    「深呼吸」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」のトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 いつもの日常も切り取り方、感じ方次第で特別な日になることもたくさんあります。 そんな切り取り方を少しのぞかせていた […]

  • イタリア時間で旬の野菜でひとつきひとくぎり

    イタリア時間で旬の野菜「Agretti」

    旬の野菜、 Italia編をお届けします 毎月お届けしている「旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎり」。 今月は少し重めの話題だった”イタリア時間”のライターから、せっかくなのでイタリアらしい今の話題を紹介したいと提案がありま […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「春の訪れを待つ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピ […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「ふき」

    <旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎり> 昨今の新型コロナウィルスの流行に身体も気持ちもふさぎがちになる毎日が続いています。 こんな時こそ、旬の食材をありがたくいただき身体にパワーを心に元気を与えることが大事。 ぜひ、今月の […]

  • 写真家からみえる景色

    「街路樹のおはなし」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」のトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 いつもの日常も切り取り方、感じ方次第で特別な日になることもたくさんあります。 そんな切り取り方を少しのぞかせていた […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「名前にまつわるびとくらし」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピ […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「からし菜」

    <旬の野菜で、ひとつき、ひとくぎり> 季節の移り変わりを感じるのは、気温の変化や外の景色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にしたときには、 […]

  • ハギレで編むおまもり

    着物リメイク「おふくわけ ofukuwake.jp」

    使われなくなった物を新しいカタチに生まれ変わらせ、再び価値のあるものにすることを「アップサイクル」と呼びます。 使い手をなくし、廃棄される運命をたどる着物や帯をクラッチバッグや小物にアップサイクルする活動を行っているのが […]

  • 写真家からみえる景色

    「冬を想う」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」のトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 いつもの日常も切り取り方、感じ方次第で特別な日になることもたくさんあります。 そんな切り取り方を少しのぞかせていた […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「郵便屋さんがくれたもの」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]