今年、年賀状出しますか?

年賀状で送る新年のご挨拶

メールやSNSでは人さし指ひとつで簡単に「あけましておめでとう」ということを伝えられることから、葉書を購入して書いて、郵便を出すという「年賀状」の習慣は薄れつつあります。

そもそも年賀状はどのように始まったのかをご存じでしょうか。

大衆文化事典によると
新年の祝いを書いた書状。新年のあいさつにいく年始回りから転じてきたものである。
明治の中頃から、名刺を封筒に入れて送る風が起こり、1899(明治32)年には、年賀郵便の特別取扱いがはじめられ、1905年には制度化され、年賀状は年末に書くもの、という考えが普及していった。(大衆文化事典 弘文堂より)

とされている。

年賀として伝える内容が「新年の祝い」「挨拶」という当初のはじまりから、現在は写真年賀になるなど、どちらかというと「近況報告」の内容が少し強くなっていますね。

近況報告にしますか?ご挨拶にしますか?

「近況報告」の内容であれば、近頃はSNSなどの普及によって、あまり会えない知人友人と連絡がとりやすくなり、近況も日々交換し合っていますね。
SNSの普及状況を考えると、年賀状で改めて「近況報告」をする必要が無いという認識から、年賀状を出すことへの必要性を感じなくなるのは、なんとなく理解できます。

本来年賀状の意味である「新年の祝い」や「挨拶」を手に取ってもらえる形で伝える。ということはとても心のこもったことだと思います。
受け取る方にどのような御礼を伝え、またご挨拶を送るのか、受け取る側も送ってくださった方を思い出して新年をスタートできると、新たな交流が生まれる気もしますね。

簡単に効率的なことは多々ありますが、それまでの過程やかかった時間は必ず思いを伝えるには大切なことかもしれませんね。

年賀状を手放せられない

せっかく頂いた年賀状、いつまで手元に置いておいたら良いか考える方はとても多いです。

ついつい手放せられないため、溜ってしまい、収納に困るという方も多くいらっしゃいます。
しかし、毎年挨拶のやりとりをするためという事を考えると、その年が終われば残さず手放しても良いですね。
どうしても手放せられない方だけを手元に残しましょう。

さてさて、今年、年賀状出しますか?


カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「トウガラシ」

    春が過ぎ、夏の訪れを感じたら、梅雨入りとなりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にし […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「大切なものを見つけること」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「梅雨のあいまに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「梅雨のあいまに」 […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(2)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「イタリアの朝食」

    「少しずつ日常が戻ってきていますよ」とイタリア、マルケ州アンコーナ住まいのライター丹羽淳子さんからのメッセージと今月のエッセイを受け取りました。 コロナ禍で大きな被害を受けている様子はニュースで見聞きしていますが、このよ […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「ゴーヤ」

    春らしいやわらかい陽射しが、少しずつジリリと焼け付くようなアツさを持つようになりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    整理収納コンサルティングとしての気づき

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「すこしずつ、ゆっくりと」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「すこしずつ、ゆっ […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(1)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「お祝いしよう」

    イタリアでの日常生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピックを、マルケ州アンコーナ住まいの […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「三つ葉」

    自宅で過ごす時間が長くなり、外に出て自由に過ごせる時間が心から愛しく思えた今年の4月がようやく終わり、5月が始まりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べ […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    引き算する整理収納

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]