イタリア時間でびとくらし

イタリア時間「不便な暮らし」

イタリア生活で見つける「びとくらし」

イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。

イタリアに暮らす彼女の話しを聞いていると、度々、イタリアでは日本と全く違う時間が流れているように感じることがあります。しかもとても豊かな時間でした。時間の流れの違いの中に豊かさの理由が隠されているように思えてなりません。ぜひ、この理由を一緒に探してみませんか?

季節外れのヴァカンスで日本へ

ようやく秋らしい季節になってきました。
暑さが和らいでくると日の入りの時間が早くなり、今年は10月の終わりにサマータイムが終了しました。
それでも、17時ころには辺りはかなり暗くなり、すっと冬の夜の静けさを感じるようになります。
日本でも爽やかな気候となるこの時期。
暑さに弱いイタリア人の主人は好んで日本への渡航を計画します。ということで、今年は10月中旬から11月初旬までの2週間強を日本で過ごしてきました。
休暇を取ることに対して寛容なお国柄とは言え、同僚の皆が働いている時期に2週間以上ものヴァカンスが出来るなんて本当に素晴らしいことですよね。
日本の友人たちはそんな彼のヴァカンスに驚き、羨ましく思っていそうなものの、その反面「だからイタリアは…」と感じていたように思われます。
イタリア人を間近で見ていて言えることですが、この長いヴァカンスが彼らの労働生産性をUPさせていることは間違いないですので、ご心配には及ばずですよ。

快適すぎる日本の便利さ

さて、今回の日本の旅は私達夫婦2人だけではなく、途中、イタリアの親戚達とも合流しにぎやかな旅となりました。
日本語はもちろん英語もほとんど話せない彼らですので、ガイド役は必要不可欠ということで、私が旗振りをし、わがままでお喋りなイタリア人5人の旅をアテンドしたのですが、
最後は言葉を発する元気もなくなるほど疲れ切ったことは言うまでもありません。
日本はイタリアと違い、街には人と驚くほどのモノが溢れかえり、それらのモノを整理するかのごとく様々な情報や交通網が縦横無尽に存在しています。
街は美しく、ホテルやレストランでのサービスも素晴らしく、多くのお店や公共施設には清潔なお手洗いが設置されています。
彼らと旅を進めることによって、日本という国がホスピタリティとして人それぞれからのサービスや、機能としてのサービスが充実していることを深く感じることが出来ました。
また、インターネットで食べたいモノや買いたいモノを検索すれば、何十ものお店がヒットし、どこか目的地へいくためのルートを探せば、色々な選択肢に巡り合うことが出来ます。
モノやサービスの中から最良のものを選ぶ行為というのは、皆が持つ能力ではなく多くの日本人は生活をする上で自然に培われた技能として有していることを実感した次第です。

あえて不便が暮らしやすい

東京での地下鉄の充実ぶりは周知のことかと思いますが、あの地下鉄を使いこなせるようになるには一体どのくらいの期間がかかるのでしょうか。
今回、大阪や京都で何度かJRや私鉄に乗る機会がありました。駅の券売機の多くはタッチパネル化し、イラストをふんだんに利用したグローバルデザインが採用されていました。
万人に理解しやすい工夫がなされていましたが、「お金で切符を一枚買う」というごくシンプルな購入行動を成し遂げる為に、様々な情報を理解する必要がありました。
支払いに関しても、現金だけではなく色々なカードの利用が可能ですが、なぜかクレジットカードには対応していなかったり。確かにかなり便利になっていますが、その過剰さに不便さすら感じることもしばしば。
世界的に有名な日本のトイレ機能の素晴らしさ。
あの高尚な洗浄システムを一人ぼっちの状態で初めて使いこなすことはなかなか難しいことでしょう。
お尻を洗うことは出来ても、水を流すレバーやボタンの在り処がわからないようです。
複数のイタリア人とともに久々の日本を過ごした私ですが、
物事をシステマティックに整備し、限られた時間を有効活用、その上他人に対しての思いやりを忘れない日本人基準の便利さは、受け取る側の訓練が必要であることを実感しました。

買い物に行く際も、選択肢が無いため目的の場所は必然的に決まり、
電車やバスが遅れたとしても、代替手段がふんだんにあるわけではなくだた待つのみ。
シャワートイレやお風呂の自動湯沸かし機能も無く、
多くの家庭には電子レンジが不在で、冷凍された食品は自然解凍で温めはコンロを使う。
時間や手間はかかるかも知れませんが、思考方法と行動パターンはとてもシンプル。
モノの量も少なく、いたれりつくせりなサービスも無いので選択に際して迷いが生じることはありません。

日本とイタリアのどちらが暮らしやすいか?とよく聞かれますが、
不便さを感じるイタリアでのシンプルな生活もなかなか良いものだなと思えるのは、
便利すぎる日本の生活に少し窮屈さを感じるほど、感覚がイタリア人化している証拠なのかも知れません。
イタリアを旅される際は、日本に比べてとても「不便である」ことを念頭に置いて、
ぜひこの不便さから生じる、時間のすき間や心の余裕を楽しまれてくださいね。


カテゴリー内の最近更新された記事

  • イタリア時間「イタリア人は日本びいき」

    イタリア時間でびとくらし

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月は「杏」

    旬の果物でひとつきひとくぎり

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 特に「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目 […]

  • 「共通言語で語れる幸せ」

    美徳と暮らしでbitokurashi

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 「早すぎる梅雨入り」

    写真家からみえる景色

    写真で日常を切り取る、びとくらし。 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「早すぎる梅雨入 […]

  • イタリア時間「たのしみの5月」

    イタリア時間でびとくらし

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月は「さくらんぼ」

    旬の果物でひとつきひとくぎり

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 特に「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目 […]

  • 「住まいを通して見えたこと」

    美徳と暮らしでbitokurashi

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 「春霞む山のふもと」

    写真家からみえる景色

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「春霞む山のふもと […]

  • 今月の折形 :「菖蒲の花包み」「兜の粉包み」

    【教室】折形講座 —暮らしの中で愉しむ季節の折形 —

    「暮らしのそばにある折形」にて登場いただきました小池博美先生のお教室が2021年4月23日(金)に開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。 お申し込みはこちらをクリック。 ・+・ […]

  • イタリア時間「イタリアの結婚事情」

    イタリア時間でびとくらし

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月は「夏みかん」

    旬の果物でひとつきひとくぎり

    季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。 この記事では「旬の果物」をイノウエリリコさんのイラストと、明日の夕食にで […]

  • 「人を信用してみるということ」

    美徳と暮らしでbitokurashi

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]