暮らしと空間をデザインする

観葉植物とつくる希望の空間

インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか?
空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお部屋づくりのコツなどをお聞かせいただきます。

観葉植物とつくる希望の空間

先日、クライアントからの依頼で4人住まいの住宅の家具、照明、カーテン、観葉植物、収納についての御相談でトータルコーディネートをする機会がありました。
希望される空間のイメージは、“西海岸を思わせるリゾートホテルのような空間”。
前にも少しお話しましたがいつも気を付けていることは、
独りよがりにならないこと、全体を俯瞰で見ることです。
まずクライアントにヒアリングをし、方向性を把握して、住居を観察します。
その後プランニングした内容をプレゼンテーションします。
その時に「すてきなチェアを見つけたのでこれを使ってほしい」、「ここはこれを飾りたい」などの意見があり、プランが崩れてしまいそうになる時があります。
私の仕事は目指している空間演出をブレないものにするために、舵をしっかりと取ることです。
重要なことはプレゼンテーションで「こんなインテリアコーディネイトなら期待できる」と思ってもらえるビジュアルを示し、わたしたち提案者とクライアント、全員が一つのイメージに向かって進めていくことだと思っています。
ですので、時には心を鬼にして希望を取りいれないこともあります。

さて、今回のテーマは“西海岸を思わせるリゾートホテルのような空間”です。
これも人によってイメージは様々。
しかし家族の年齢構成や住居のイメージと広さから、ぴたっと合致する空間が想像できるのです。

イメージを現実にするために使った観葉植物たちのご紹介

「西海岸」を彷彿させるためのインテリアコーディネイトの大きな主役の一つが観葉植物でした。
バルコニーや室内にボリュームを考え、目線にも配慮してレイアウトしました。
では、西海岸のイメージを演出するために利用した観葉植物の名前といくつかの写真をご紹介しましょう。

まず使ったのは大鉢のフェニックス「フェニックス」

そして「ウエストリンギアオーストラリアンローズマリー」

次に「ビスマルクヤシ」

テーブルに飾れる「フレボディウム・アウレウ」

そして気に入っているのが、西海岸と言いながら恐縮なのですがオーストラリアの「リューカデンドロン」。

その中でも、葉が柔らかく、銀色に輝くような色合いがあり、表面にとても細かい毛が特徴的な「シルバーアフリカーナ」

残念ながら完成後の写真をお見せすることが出来ないのですが、このようにインテリアイメージに合わせた観葉植物選びも空間づくりには欠かせない要素の一つです。
聞いたことも見たこともないような観葉植物が数多く手に入れることが可能です。
育て方や部屋の日当たりをお近くの花屋さんに相談してみてください。
詳しく教えてくれますし、適した植物をセレクトしてくれます。
ぜひ、みなさんも空間をイメージし、こだわって観葉植物を選んでみて下さい。
雰囲気を作り出すのに一役も二役も買います。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

Naomi Ogura 小倉 直美

不動産デベロッパーにてマンションプロデューサーとして活躍後、住宅・商業空間のデザインを行う株式会社ジェーデザイン社を2013年に立ち上げ。

現在は家具やインテリアのデザイン製作及び輸入販売を行う株式会社イルピッコロマガジーノの代表として、多くの個人宅や商業施設などの空間デザインを担当されています。

n.ogura@piccolo-magazzino.co.jp www.piccolo-magazzino.co.jp

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 暮らしのそばにある折形

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い

    日本から出て知った大切なこと、そして折形との出会い 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 […]

  • 【セミナー】整理収納と記憶整理術セミナー

    整理収納と記憶整理術セミナー 講師:小林朗子 他

    びとくらしサイトでのコラム、またサイトの主催者である小林朗子さんがWAWORKとして整理収納に関するセミナーを開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをクリック […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「隙間をつくる心地よさ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 【お教室】折形−おりかた (第二回目)

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の大二回目が令和2年9月30日に開催されます。 今月から年末にかけて年始のお飾りを学部事ができます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「銀杏」

    暑さがまだまだ残りますが、9月になりました。 すっかり涼しくなったとはなかなか表現できない本年ですが、 静かに秋の到来を待ちたいものです。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌た […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    手放すことで生まれる循環

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 【お教室】折形-おりかた

    今月の折形 : 香包(こうづつみ)など

    8月に当サイトで新しく「暮らしのそばにある折形」の連載が始まった、小池博美先生のお教室が令和2年9月9日に開催されます。 8月に第一回目のお教室がありましたが、参加者数が定員にすぐに達してしまったため、 今回は第一回目と […]

  • 写真家からみえる景色

    「残暑の光」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「残暑の光」 &n […]

  • 暮らしのそばにある折形

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-お […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    観葉植物とつくる希望の空間

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「おしゃべり上手の秘密」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「べいなす」

    台風の到来がゼロに終わった7月、観測史上初めてのことだとか。 毎年少しずつ現れる気候の変化が気になるここ数年ですね。 季節の移り変わり。気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食の中にも「旬の食材 […]