過ごす時を大切に

カメラマン嵐 祥子

びとくらしのトップページの写真をいつも提供していただいているカメラマンの嵐祥子さんに、
写真についてお話しを伺いました。

私は彼女の写真を通じて、彼女の優しい心遣いが伝わってくる写真にいつも魅了されています。

普段何気なく流れている日常を写真という形で切り取ることで、特別なひとときになることもあります。
そんな「ひととき」をたいせつに暮らせると良いですね。

写真を撮るにあたって、大切にしていること

「写真を撮るにあたって、大切にしていること」を伺いました。

「仕事では人を撮ることが多いので、その場の空気を大切にしています。
被写体とコミュニケーションをとることは楽しいですし、その楽しい雰囲気が、写真に現れたら良いなと思っています。

また撮影者である自分のために、写真の分野以外の話、絵や本を見る、親しい人と過ごす時間に目を向けることも、大切だと感じています。」

今回の写真のシチュエーション

今回も素敵な写真をご提供していただきました、そのときの想いを教えてください。

「フランス東部にある郊外の都市、ベルフォールで撮った一枚です。

バスを下車してすぐ、鉄道の駅へ向かう移動の間に、顔をあげたら広がっていた景色です。
写真を撮ったと同時に、鉄道に間に合う時間に帰路につけたことに、ホッとしたのを覚えています。

この時、私はとても疲れていました。
フランス人の話す(期待どおりの?)英語の聞き取りにくさ、iPhone紛失未遂やクレジットカードが使えないなど、旅行者として苦戦しながら、半日を過ごしたところだったのです。

あまりに疲れ、パートナーと話す口は重く、楽しみにしているはずの知らない土地の景色を、流すように見てしまいそうになっていました。

たくさんの写真のうちの一枚。

でも一枚でも、その日とても良い天気で、それぞれの色が美しく見えたことや、キオスクのパニーニが驚くほど美味しくて感激したりした、そのとき感じていた気持ちが、目の前にたくさん思い出されます。

こうして時々、写真を見返して、また日々を頑張れたら良いなと、思っています。」

携帯に溜まった写真を見返したとき、心がすーっと穏やかな気持ちになったり、楽しかったことを思い出して嬉しい気持ちになることあります。何気ない日常を大切にしたいです。


嵐 祥子

2009年、デジタル一眼レフの面白さを知り「写真を撮ること」に興味を持ち、写真表現大学で作品制作を学ぶ。

その後、ウェディングフォトに従事、2012年からフリーランスカメラマンとして活動中。2歳児の子育て中です。

arashi.shoko@gmail.com

https://arashishoko.localinfo.jp/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「ゴーヤ」

    春らしいやわらかい陽射しが、少しずつジリリと焼け付くようなアツさを持つようになりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    整理収納コンサルティングとしての気づき

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「すこしずつ、ゆっくりと」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「すこしずつ、ゆっ […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(1)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「お祝いしよう」

    イタリアでの日常生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピックを、マルケ州アンコーナ住まいの […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「三つ葉」

    自宅で過ごす時間が長くなり、外に出て自由に過ごせる時間が心から愛しく思えた今年の4月がようやく終わり、5月が始まりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べ […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    引き算する整理収納

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「今年の桜」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」のトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 日常の生活が、いつもの日常とはちょっと違う今年の春。 彼女はどの様にこの春を写真に収めたのでしょうか? その切り取 […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    「はじめまして。」

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「大変な時だから」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 先月のエッセイから約一ヶ月。 世界の状況は更に混沌としたものになってしまいました。 日本は感染者数が少なく「奇跡の国」として捉えてられいますが、政府の緊急事態宣言もあり生活に不自由と […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「レタス」

    桜の花も早々に開花し、すっかり春の装いですね。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にしたとき […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi 

    はじまりは整理収納との出会い

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]