整理はmustではなくbetter

整理収納コンサルティング「ietotonoe」より

家の中は、生活をしているだけで物は増えてきます。
自分で家に持ち込んだはずなのに、自分で悩む。なんだか不思議な物との関係です。

お買いものした物はもちろん、紙や袋など日々増えていく物に対して、減らす物は少ないですね。そんな日々の積み重ねでいつの間にか物が増えていくわけです。
物が家に持ち込まれるのは無意識なのに対して、物を家から出すのは意識しなければできません。

日常的にゴミとして扱う物、家から早く外に出したい物に対する判別は早いのです。しかし、使っていないのに使える物や使えないのに手放せない物に対しては突然ハードルが上がります。思い切って整理をしようとしたら、余計散らかって片付けがしんどくなってしまった経験があると、これはまた整理することが億劫になって、手を付けない場所が家の中にうまれてきます。
手を付けていない場所があるというのは、少しずつ生活する空間を圧迫しているのですが、小さい物などは増えていてもあまり気にしません。しかし、小さい物がひつとずつたまって家の中に大きな箪笥分ぐらいのスペースになっていたとしたら、、、。大きな箪笥が急に家に入ってきたらわかりやすいですが、物だと気づきませんね。

家の中で日常的にどんな物を使用しているか意識してみるのもいいですね。
1週間、1カ月触れてもいない物が家の中にたくさんあると思います。つまりは無くても生活できている。ということが事実ですね。
家の中で使用しているものは1/10程度かもしれません。それ以外の物は無くても生活はできると思います。そしたら他の物は全部捨てるのか?というとそうではありません。

良く尋ねられるのは「整理するには捨てないとだめですよね?」「片付けるにはどんな収納グッズがいいですか?」ということ。

私は特に物捨てることをおすすめしている訳ではありません、おすすめの収納グッズも特にありません。

「暮らしの中で、より心地よく暮らす為になにが自分にとって大切なものなのか。」
というところを、見つけてほしいと思っています。

大切な趣味の本、裁縫道具、洋服などひとそれぞれ大切なものは違います。
その大切な物と心地よく暮らす為に、整理という方法と収納という方法があるだけです。

ただひたすらに物を捨てる。ということではありません。

例えば、大切な本があれば、その本の為にどれだけ家のスペースをとるのかを考えますね。その為に本以外のスペースを減らして整理します。大切な本の為に、寝室もリビングも壁一面本棚にして、それでも本があふれてしまったら。引っ越すのか、整理するのかということになります。永遠に引っ越しを繰り返すわけにはいかなくて、本を整理する必要がでてきます。本の中でも今の自分に大切と思える本を選択すること。それが整理ということです。

物を手放す行為が苦手だという意識がある場合には、最初に戻って家に物を持ち込む前に自分にとってどんな存在の物なのか意識するだけでも変わると思います。

整理はmustではなくbetterです。
「しなければならない」ではなく、「できるほうがよりよい」ですね。


ietotonoe 整理収納コンサルティング

bitoku / ietotonoe 小林朗子

さまざまなモノが次々と手元に飛び込んできます。

さまざまな情報と同じように取捨選択をしなければ、溢れてしまいます。

自分にとって何が大切なのか改めてみなおして、整理を行っています。

整理収納のお手伝いからご相談、セミナーなどさまざまな形でご相談承ります。

http://akiko.jp/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 【セミナー】整理収納と記憶整理術セミナー

    整理収納と記憶整理術セミナー 講師:小林朗子 他

    びとくらしサイトでのコラム、またサイトの主催者である小林朗子さんがWAWORKとして整理収納に関するセミナーを開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをクリック […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「隙間をつくる心地よさ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 【お教室】折形−おりかた (第二回目)

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の大二回目が令和2年9月30日に開催されます。 今月から年末にかけて年始のお飾りを学部事ができます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「銀杏」

    暑さがまだまだ残りますが、9月になりました。 すっかり涼しくなったとはなかなか表現できない本年ですが、 静かに秋の到来を待ちたいものです。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌た […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    手放すことで生まれる循環

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 【お教室】折形-おりかた

    今月の折形 : 香包(こうづつみ)など

    8月に当サイトで新しく「暮らしのそばにある折形」の連載が始まった、小池博美先生のお教室が令和2年9月9日に開催されます。 8月に第一回目のお教室がありましたが、参加者数が定員にすぐに達してしまったため、 今回は第一回目と […]

  • 写真家からみえる景色

    「残暑の光」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「残暑の光」 &n […]

  • 暮らしのそばにある折形

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」

    日本の「つつむ」という生活文化「折形」 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-お […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    観葉植物とつくる希望の空間

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「おしゃべり上手の秘密」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「べいなす」

    台風の到来がゼロに終わった7月、観測史上初めてのことだとか。 毎年少しずつ現れる気候の変化が気になるここ数年ですね。 季節の移り変わり。気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 食の中にも「旬の食材 […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「豊かな生活のベースづくりに」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]