写真家からみえる景色

「旅の記憶と記録」

写真で日常を切り取る、びとくらし

「びとくらし」のトップのメイン写真をいつもご提供いただいている、嵐祥子さん。
いつもの日常も切り取り方、感じ方次第で特別な日になることもたくさんあります。
そんな切り取り方を少しのぞかせていただきます。

旅の記憶と記録

この冬、一泊二日の家族旅行で、兵庫県の「淡路島」へ行って来ました。
淡路島は瀬戸内海では最大の離島、本州と世界最長のつり橋「明石海峡大橋」で結ばれています。

自宅から車で小一時間。近場への旅行なのであんまり旅感がないかな、と思っていましたが、いつもは遠目で小さく見えていた明石海峡大橋がだんだんと近づいてくると、その高さ(主塔は海面上298.3m)にあらためておどろき、いざ渡って行くのは非日常的な感覚でした。

旅行の目的は、寒い季節ならではのおいしいものを食べること、温泉に入ることでした。
その旅支度の中で、二つのことを考えました。

一つは、’見どころなどの下調べを必要以上にしない’こと。

目からの情報をなるべく入れず、現地で「初めて見る」新鮮さ、何と出会うのだろうとワクワクした気持ちが、楽しい記憶としてたくさん残ったら良いな、と考えました。

もう一つは、’デジタルカメラを持っていかない’こと。

知らない土地を撮りたい気持ちもありましたが、持っていくと撮影に時間を使い、そのぶん家族に目を向ける時間が減ってしまいます。
写真は、スマートフォンカメラで手早く記録することに決めました。

当日は最高気温が10度にとどくかとどかないかの、風が強く吹きつけて寒さが痛いほどの日。熱いカフェオレがふだん以上においしく感じられました。

立ち寄るサービスエリアや道の駅は、たくさんの人たちでにぎわっていました。
数あるお土産の中からどれにしようか、これから何を食べようか考え、楽しそうにおしゃべりする人たちの中にいると、旅行に来たんだなと、うれしく思いました。

目的どおり、淡路島の名産を朝・昼・おやつ・晩としっかり食べ、露天風呂から夜明けを眺め、「大鳴門橋」や「うずしお」観光し、また来たいなぁと、満足して旅行を終えました。

日常にもどってしばらくが経ち、旅の疲れがすっかりとれた今、見てみる旅の写真たち。そして思い出される記憶。

家族でお鍋を囲んだ時の、おいしそうな香り。お土産売り場で地元の人と笑いながらした会話。ホテルスタッフさんが親切でホッとし、くつろげた時間。同じ旅行者の人が気軽に声をかけてきてくれ、すれ違った瞬間。

わたしが見た景色と、目には見えないけれどあたたかな時間を過ごした記憶とが重なり、わたしの中でうつくしい光景が広がっています。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

嵐 祥子 Arashi Shoko

2009年、デジタル一眼レフの面白さを知り「写真を撮ること」に興味を持ち、写真表現大学で作品制作を学ぶ。

その後、ウェディングフォトに従事、2012年からフリーランスカメラマンとして活動中。2015年から一児の母です。

arashi.shoko@gmail.com

https://arashishoko.localinfo.jp/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「トウガラシ」

    春が過ぎ、夏の訪れを感じたら、梅雨入りとなりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にし […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「大切なものを見つけること」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「梅雨のあいまに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「梅雨のあいまに」 […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(2)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「イタリアの朝食」

    「少しずつ日常が戻ってきていますよ」とイタリア、マルケ州アンコーナ住まいのライター丹羽淳子さんからのメッセージと今月のエッセイを受け取りました。 コロナ禍で大きな被害を受けている様子はニュースで見聞きしていますが、このよ […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「ゴーヤ」

    春らしいやわらかい陽射しが、少しずつジリリと焼け付くようなアツさを持つようになりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    整理収納コンサルティングとしての気づき

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「すこしずつ、ゆっくりと」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「すこしずつ、ゆっ […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(1)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「お祝いしよう」

    イタリアでの日常生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピックを、マルケ州アンコーナ住まいの […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「三つ葉」

    自宅で過ごす時間が長くなり、外に出て自由に過ごせる時間が心から愛しく思えた今年の4月がようやく終わり、5月が始まりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べ […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    引き算する整理収納

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]