写真家からみえる景色

「変わらないこと、変わること」

写真で日常を切り取る、びとくらし

「びとくらし」のトップのメイン写真をいつもご提供いただいている、嵐祥子さん。
いつもの日常も切り取り方、感じ方次第で特別な日になることもたくさんあります。
そんな切り取り方を少しのぞかせていただきます。

「変わらないこと、変わること」

この9月は、昨年のいまごろの時期に撮影した写真を見返し、作品づくりへ向かうの気持ちの整理をする機会がありました。

その写真はわたしが育った場所で、子どものころから日常的に見ていた光景が写っています。

撮影に向かい「何を撮ったらやりたいことに近づけるだろう」と、頭の中で課題についてぐるぐると考えつつ、ファインダー越しに目に入ってきたのは、30年前と変わらない場所にあるもの。

昔から秋になると実をつけ続けている道端の柿の木。
小学校の裏手に植えてあるモミの木のかたち。
その小学校のとなりにある高校をぐるりと囲む、柵のつながり。

自分の居場所が変わっても、こころがそこへ帰ることができる原風景がありました。

そのそばを通ると、懐かしく楽しい気持ちと同時に、数々の失敗を思い出して切ない気持ちになったり、それからずいぶん時間が経って、いまはもう大人になっていることに安心したりもしました。

過去と現在をいったりきたりしながら撮影したそれらを、帰ってきてパソコンに読み込むと、画面に写真がずらりと並びます。

そのたくさんの写真の中から「感情移入をとりのぞいてどれを選ぶか」が大切な作業で、なかなか難しく、一年間そのことに向き合ってきました。

作品づくりには、講座、合評、展示など、たくさんの人と関わりがあり、そこで意見やサポートをもらえ、自分では気づきにくい答えが出てくることもあります。

ある日、いただいた助言から、自分のこだわりから距離を置いて「考え方が変わっても良いんだな」と自然と思え、一歩前へ進めたように感じたことがありました。

そしてすこし整理ができたあたらしい気持ちで撮影に向かえる、これからの季節が楽しみになりました。

「そういえば去年は見に行けなかったけど、秋になるときれいに色づいていた木は、いまどうなっているかな」と、気になり、さっそく出かける理由を見つけました。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

嵐 祥子 Arashi Shoko

2009年、デジタル一眼レフの面白さを知り「写真を撮ること」に興味を持ち、写真表現大学で作品制作を学ぶ。

その後、ウェディングフォトに従事、2012年からフリーランスカメラマンとして活動中。2015年から一児の母です。

arashi.shoko@gmail.com

https://arashishoko.localinfo.jp/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「トウガラシ」

    春が過ぎ、夏の訪れを感じたら、梅雨入りとなりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にし […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「大切なものを見つけること」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「梅雨のあいまに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「梅雨のあいまに」 […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(2)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「イタリアの朝食」

    「少しずつ日常が戻ってきていますよ」とイタリア、マルケ州アンコーナ住まいのライター丹羽淳子さんからのメッセージと今月のエッセイを受け取りました。 コロナ禍で大きな被害を受けている様子はニュースで見聞きしていますが、このよ […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「ゴーヤ」

    春らしいやわらかい陽射しが、少しずつジリリと焼け付くようなアツさを持つようになりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    整理収納コンサルティングとしての気づき

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「すこしずつ、ゆっくりと」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「すこしずつ、ゆっ […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(1)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「お祝いしよう」

    イタリアでの日常生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピックを、マルケ州アンコーナ住まいの […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「三つ葉」

    自宅で過ごす時間が長くなり、外に出て自由に過ごせる時間が心から愛しく思えた今年の4月がようやく終わり、5月が始まりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べ […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    引き算する整理収納

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]