写真家からみえる景色

「秋の虹」

写真で日常を切り取る、びとくらし

「びとくらし」のトップのメイン写真をいつもご提供いただいている、嵐祥子さん。
いつもの日常も切り取り方、感じ方次第で特別な日になることもたくさんあります。
そんな切り取り方を少しのぞかせていただきます。

「秋の虹」

10月に入ると、東の窓から差し込む朝陽の角度が変わり、光が部屋の中まで届くように伸びてきました。
その金色がかった光が、身体にあたる感覚の「暑い」から「暖かい」への変化に、
秋の訪れを実感しています。
強い台風が来る前に、長袖のカーディガンや冬用の温かいお布団を干して、少しずつ冬じたくを始めました。

その大型台風19号が近畿地方を通過した次の日、お天気は晴れ。
鉄道の各路線は通常運行に戻り、予定通り仕事へ向かうことができました。

仕事は運動会の撮影。
会場に到着してしばらくすると、にわか雨がパラパラと降ってきました。
空の半分は青空、あとの半分は暗くて雲が広がる空。

「また雨は困るな。長引かなければ良いのだけど」と考えていたら、
いつの間にかおおきな虹が出ていました。

日本では「赤・だいだい・黃・緑・青・藍・紫」の、7色とされている虹。
虹のアーチは濃くなったり薄くなったりしながら、そこにいるみなさんを笑顔にしてくれていました。
「みて」「ほら、虹だよ」とそれぞれに教えあったり、「きれいだね」と写真を撮る姿がたくさん見られ、
それは気持ちが明るくなる光景でした。

そのとき、わたしのスマートフォンに友人からメッセージが届きました。
「おはよう。うすい虹がでてる」と、添えられた虹の写真。
友人とは離れた場所にいましたが、同じ市内にいたので、同じように虹を見ることができました。

うつくしいものや素敵なものを見て、誰かに分けたくなる、伝えたくなるその気持ちが、とてもうれしく感じられました。

そして同じ日、台風による災害で困っている方が、たくさんいらっしゃいました。
この短い文章の中では、表現しがたい状況が今も続いています。

会場では、自分たちがいつもどおりの朝を迎えられたことに感謝し、
お祈りをしてから運動会が開かれました。

希望や幸運の象徴とされる、虹。

「たいへんな思いをされている方々が、日常を取り戻せる日が、すこしでも早く訪れますように」
そっと、秋の虹に願いました。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

嵐 祥子 Arashi Shoko

2009年、デジタル一眼レフの面白さを知り「写真を撮ること」に興味を持ち、写真表現大学で作品制作を学ぶ。

その後、ウェディングフォトに従事、2012年からフリーランスカメラマンとして活動中。2015年から一児の母です。

arashi.shoko@gmail.com

https://arashishoko.localinfo.jp/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「トウガラシ」

    春が過ぎ、夏の訪れを感じたら、梅雨入りとなりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にし […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「大切なものを見つけること」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「梅雨のあいまに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「梅雨のあいまに」 […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(2)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「イタリアの朝食」

    「少しずつ日常が戻ってきていますよ」とイタリア、マルケ州アンコーナ住まいのライター丹羽淳子さんからのメッセージと今月のエッセイを受け取りました。 コロナ禍で大きな被害を受けている様子はニュースで見聞きしていますが、このよ […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「ゴーヤ」

    春らしいやわらかい陽射しが、少しずつジリリと焼け付くようなアツさを持つようになりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    整理収納コンサルティングとしての気づき

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「すこしずつ、ゆっくりと」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「すこしずつ、ゆっ […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(1)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「お祝いしよう」

    イタリアでの日常生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピックを、マルケ州アンコーナ住まいの […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「三つ葉」

    自宅で過ごす時間が長くなり、外に出て自由に過ごせる時間が心から愛しく思えた今年の4月がようやく終わり、5月が始まりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べ […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    引き算する整理収納

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]