写真家からみえる景色

「すこしずつ、ゆっくりと」

写真で日常を切り取る、びとくらし
「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。
写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。

「すこしずつ、ゆっくりと」

春のおわり。
晴れた日の空気に、夏の香りが混じる季節になりました。

4月から続く、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言。
それに伴う約1ヶ月間の外出自粛生活では、過ごしやすい季節ということもあり、ベランダに出ている時間が増えています。

我が家のベランダからは、標高約300mの「須磨アルプス」が目の前に見えています。
山は新緑の季節をむかえていて、その色は時間とともに変化しています。

朝、部屋の空気を入れ替えるとき。買物へ出る前に、お天気を確認するとき。夕方、洗濯物をとり込むとき。

そのつど「みどり色の景色、きれいだなぁ」と、眺めるのが日課になっています。
ぴかぴかの黄みどり色だった新緑が、日を追うごとに、深いみどり色へと濃くなっていく様子を見ていると、なんだか気持ちも落ち着いていくようでした。


「須磨アルプス」の南側は「瀬戸内海」に面していて、山の下すぐには海岸が広がっています。

地域によって緊急事態宣言が解除され、神戸市でも臨時休業から再開するお店が出始めたころ。
ひさしぶりに町内を越えて散歩に行こうと、家族で「須磨海岸」へ出向きました。

「須磨海岸」は古くからある海岸で、夏はおおくのひとが訪れる海水浴場、地元のひとから親しまれている水族館や釣り場、松林の木陰を散歩できる海浜公園などがあり、いろいろな年代が集まれる憩いの場所になっています。

すこし肌寒い日でしたが、浅瀬で貝殻ひろいやヤドカリ探しなど、海らしい遊びをいくつかして、息子も楽しめたようでした。

浜辺でしばらく過ごしていると、潮風で肌がベタベタしたり、サラサラした砂の上を歩くのに足に力が入ったり、まだ冷たい海水をすくってそのしょっぱさを味わったり。

ひさしぶりの自然の感触にハッとして「日常が近づいてきたかもしれない」と、希望的に思いました。

でも実際はまだまだ不安定な状況で、元どおりの日常には、もう戻らないかもしれません。

これからコロナ後の世界へ入っていくことへの、心もとなさもあります。

そんな不安を抱える心の中でも、広い海を前にし、波が音を立てて寄せてはかえしているのをただ見ているだけで、とても気持ちの良い時間だなと感じました。

世の中が落ち着いてきたら、おだやかな時間やこれからの楽しみを、すこしずつ、ゆっくりと、日々の生活の中にとり戻していきたいなと思います。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

Shoko Arashi 嵐祥子

2009年、デジタル一眼レフの面白さを知り「写真を撮ること」に興味を持ち、写真表現大学で作品制作を学ぶ。 その後、ウェディングフォトに従事、2012年からフリーランスカメラマンとして活動中。2015年から一児の母です。

https://arashishoko.localinfo.jp

記事一覧を見る

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 写真とエッセイ「アサギマダラに会いに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 スマートフォンの普及で写真を撮る機会が多くなった昨今ですが、何を写すか、どう感じるか、など、 […]

  • イタリア時間「幸せのはかり方」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月の旬を味わう「ざくろ」

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目の前 […]

  • 「私の考えるおかたづけ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真とエッセイ「森の道」

    写真で日常を切り取る、びとくらし。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 スマートフォンの普及で写真を撮る機会が多くなった昨今ですが、何を写すか、どう感じるか、など、 […]

  • イタリア時間「不合理な日常茶飯事」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月は「ぶどう」

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目の前 […]

  • 「心に寄り添うお片づけ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真とエッセイ「遠くの景色」

    写真で日常を切り取る、びとくらし。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 スマートフォンの普及で写真を撮る機会が多くなった昨今ですが、何を写すか、どう感じるか、など、 […]

  • イタリア時間「クルマの常識」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月は「梨」

    旬の果物でひとつきひとくぎり

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 特に「旬」の食材を戴くと、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目の前を通 […]

  • 「大切なのは気づき」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]