写真家からみえる景色

「雨上がりの道」

写真で日常を切り取る、びとくらし
「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。
写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。

「雨上がりの道」

梅雨の後半、西日本では天気予報どおりの雨の日が続いています。
「いつ止むんだろう」と心配になるほど、ザーザーとたくさん降る日もありました。
我が家の窓には、てるてる坊主が2体ぶらさがっていますが、なかなか効果は出ないようです。

今年は誕生日に傘をプレゼントしてもらい、いつ使おうかと楽しみにしているのですが、残念ながら強すぎる雨。初おろしを見送り、しばらく出番待ちをしています。

近所を息子と歩いているとき、おおきな水たまりを見つけると、きまって「いっしょに入ろうよ」と誘ってくれます。

でも防水フル装備の彼と違って、わたしは傘のみ。服につくだろう泥汚れに、ぐっしょり濡れる靴のケア…後のことを考えると、今のところ不参加です。

汚れを気にせず遊ぶのは、きっと格別だろうなと思いつつ、長靴で楽しそうにじゃぶんじゃぶんと水をすくいあげている彼を通して、間接的に体験させてもらっています。

ある日の真夜中。
強い風で路上の何かがガラゴロと転がって行く音、バタバタと降りつける雨の音におどろいて、目を覚ましました。
窓の外の台風のような様子に、しばらく寝つけない時間を過ごしました。

朝になると雨の小休止。
不安な音は消えて鳥たちの会話が聞こえ始め、そして、セミの初めての鳴き声が耳に届きました。

自然の中では当たり前のようなサイクルの一場面ですが、大雨のニュースで胸が痛み、弱りそうな気持ちの今、ちいさな生きものの音がとても明るく感じられました。

外へ出ると、まだ陽射しは戻っていないものの、雨を受けたあとの葉っぱがとてもきれいでした。

これから緑色が本格的に濃くなっていく真夏前の、湿度を含んだこの時期の緑色。
その色を探しに、雨上がりの道を歩いて行きました。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

嵐 祥子 Arashi Shoko

2009年、デジタル一眼レフの面白さを知り「写真を撮ること」に興味を持ち、写真表現大学で作品制作を学ぶ。

その後、ウェディングフォトに従事、2012年からフリーランスカメラマンとして活動中。2015年から一児の母です。

arashi.shoko@gmail.com

https://arashishoko.localinfo.jp/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「キウイ」

    季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。 この記事では「旬の果物」をイノウエリリコさんのイラストと、明日の夕食にで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「着物、そしておふくわけ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「春のお便り」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「春のお便り」 今 […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「バスに乗って」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「いちご」

    季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。 この記事では「旬の果物」をイノウエリリコさんのイラストと、明日の夕食にで […]

  • 「ひとり暮らしで知りたいことが全部のってる本」2月2日発売開始

    「お知らせ」

    当サイト主宰で、「美徳と暮らしでびとくらし」でもおなじみの小林朗子さんが監修で携わった本、 主婦の友社さん出版「ひとり暮らしで知りたいことが全部のってる本」が、2021年2月2日に発売開始になりました。 初めての一人暮ら […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「必要に応じてモノを上手に活用する」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「静かなお正月」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「静かなお正月」 […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「信じる者は救われる」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「金柑」

    2021年、あけましておめでとうございます。 想像もしなかったことが起こった1年を終え、新しい年を迎えることができました。 時間の使い方が変わり、家族やお友達との関わり方も大きく変わった方が多いかと思います。 悲しい出来 […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「会話が導くモノの行方」

    2021年、あけましておめでとうございます。 bitokurashiを始めて5年の月日が経ちました。 みなさんにちょっとした共感と気づきを楽しんでいただける場となるよう、今年も様々な日常をお伝えしていけたらと思います。 […]

  • 写真家からみえる景色

    「冬至のころ」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「冬至のころ」 晩 […]