写真家からみえる景色

「静かなお正月」

写真で日常を切り取る、びとくらし
「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。
写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。

「静かなお正月」

今年のはじまりは、初詣や親戚へ新年の挨拶を予定しない、静かなお正月を迎えることになりました。

冬休みに向けて「おうち飲み」用に準備していたビールや日本酒、とり寄せたお節料理やお餅をかこみ、兵庫県からの要請どおり、家でおとなしく過ごしていました。

子どものブロックで作品を作ったり、動画配信を鑑賞したり、ごろごろしたりとインドアに努めていましたが、三ヶ日を過ぎたあたりで体調をくずしてしまい、しばらく自宅にこもっていました。

毎冬、どうしても体調を崩しがちなのですが、今季は特に気をつけているし、外出先でもマスクや手指の消毒をしているひとが多いし、無事に乗り切れるのでは?と期待していましたが、ざんねんでした。

このコロナ禍のご時世…発熱の症状があるわけじゃないし、できるだけ病院へ行きたくないな…と考えていました。

栄養をつけて、しっかり寝て、ゆっくり過ごしていたら治るかもしれないと休養しましたが、状態は平行線。
これ以上の改善は薬を服用しないと無理だなと観念し、かかりつけのクリニックへ行くことにしました。

ある程度は想像していたものの、クリニックでの患者さんへの対応が思っていた以上に慎重で、ひとつひとつの作業に時間がかかることにとまどったり、納得したりしながらの受診でした。

そして医療現場のみなさんは、感染リスクを予測しながら通常の診療ができる環境を維持してくださっていて、それは本当にたいへんなことだと目のあたりにし、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

長く待った診察が終わってホッと胸をなでおろし、顔見知りの薬剤師さんから薬をもらい、ひとことふたことお互いをねぎらって、無事に帰路につきました。

その日の朝は冷込みが強く、路面が凍っていました。わたしより先に家を出ていた夫から「転んでるひとが何人かいたよ。気をつけてね」とメッセージをもらい、慣れた道を慎重に歩きました。

帰るころには雲のあいだから太陽の光がさして、鳥の明るいさえずりと、街ヘ出てきたひとたちの活動する足音が響く、いつもの道に戻っていました。

ひさしぶりの外の世界。
あたたかくなって水たまりに張っていた氷は解け、木の枝や葉についた霜が、きらきらと雫になっていくところでした。
そのまぶしい様子は、とても気持ちの良い気分転換になりました。

その後はおかげさまで薬が効いて回復し、仕事と日常生活に、すこしずつ戻っていくことができました。

在宅ワーク中、キリの良いタイミングに休憩しようと、お湯の湧く音にいそいそとキッチンへを立ち、熱めのドリップコーヒーをいれました。

時間をかけてゆっくり味わおうと、大きなマグにたっぷりのコーヒーと、小皿にミルクチョコレートをのせて準備したのが、たちまちからっぽに。
それを見て「すっかり元気になったんだな」と、ひとり笑ってしまいました。

2021年もおそらく、とりまく状況が刻々と変化し、それにどうにか対応しつづける、課題の多い日々になるのだろうと思います。

そのめまぐるしい中でも、自分なりのちいさな楽しみや希望を見つけて、前向きに一年を過ごしていけたらなと、願っています。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

嵐 祥子 Arashi Shoko

2009年、デジタル一眼レフの面白さを知り「写真を撮ること」に興味を持ち、写真表現大学で作品制作を学ぶ。

その後、ウェディングフォトに従事、2012年からフリーランスカメラマンとして活動中。2015年から一児の母です。

arashi.shoko@gmail.com

https://arashishoko.localinfo.jp/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「夏みかん」

    季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。 この記事では「旬の果物」をイノウエリリコさんのイラストと、明日の夕食にで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「人を信用してみるということ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「ひととき」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 写真で日常を切り取 […]

  • 【教室】折形講座 —暮らしの中で愉しむ季節の折形 —

    今月の折形 :「新茶包み」「平梅結び」

    「暮らしのそばにある折形」にて登場いただきました小池博美先生のお教室が2021年3月26日(金)に開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。 お申し込みはこちらをクリック。 ・+・ […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「働くということ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「キウイ」

    季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。 この記事では「旬の果物」をイノウエリリコさんのイラストと、明日の夕食にで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「着物、そしておふくわけ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「春のお便り」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「春のお便り」 今 […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「バスに乗って」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「いちご」

    季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。 この記事では「旬の果物」をイノウエリリコさんのイラストと、明日の夕食にで […]

  • 「ひとり暮らしで知りたいことが全部のってる本」2月2日発売開始

    「お知らせ」

    当サイト主宰で、「美徳と暮らしでびとくらし」でもおなじみの小林朗子さんが監修で携わった本、 主婦の友社さん出版「ひとり暮らしで知りたいことが全部のってる本」が、2021年2月2日に発売開始になりました。 初めての一人暮ら […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「必要に応じてモノを上手に活用する」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]