写真とエッセイ「小花が咲く道」

写真で日常を切り取る、びとくらし。
写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。
スマートフォンの普及で写真を撮る機会が多くなった昨今ですが、何を写すか、どう感じるか、など、写真家の嵐さん自身を優しく感じることができる心地の良いコラムです。

「小花が咲く道」

6月の始まり。

いつものように通りかかった近所の道で、白くて小さな可愛らしいお花の群生が迎えてくれました。

「この時期、このお花はこんなにどっさり咲くんだったかな?」と、思わず足を止めました。

これまでのコラムに登場してきた街路樹や遊歩道の脇、近所の植込みに、ところせましと咲いていたのはヒメジョオン。

子どものころからよく見かけるこのお花は、調べると100年ほど前に鑑賞用として北アメリカから日本へとやってきて、そのまま全国へ広がり帰化していったとのこと。

風に吹かれてゆらゆらとゆれている姿は華奢で素朴なのに、生命力はとっても強そうです。

開花の季節は初夏から秋。
身近な場所で長い期間咲いているはずなのに、群生に気づいたのは今年が初めてだなぁと不思議に思いました。

近所をうろうろするばかりの生活で目線が変わったのか、あざやかなアジサイに気を取られていたのか、なにかのきっかけで突然群生になったのか、理由はわかりませんでした。

雨降りあとの晴れた日。

水をしっかり吸った植物たちは、1日で大きく成長しています。

今年最後のつぼみを咲かせるサツキ。プロペラ型の種をたくさんつけたモミジ。もりもりと葉っぱを増やしていくヨモギ。がくを大きく開いたアジサイ。
いろんな植物たちが、季節をぐっと進めていくようです。

そしてヒメジョオンも負けずにいっそう背をのばし、その元気な様子が、ずっと向こうの道へとつづいているのが見えました。

群生がどこまで広がっているか気になって、これから剪定が入ったり、長い梅雨空になるとすぐに景色が変わってしまうかもと思い、時間がゆるす限りお花にそって歩いてみることにしました。

雨あがりの草の香りをかぎながら進み、しばらくしてたどり着いたところは、昨年の秋に、家族でピクニックをしたときにお弁当を食べた広場。

そこはすっかり別世界のようになっていて、あたり一面が白く染まり、同じ場所とは思えないほどでした。

目の前に広がる、かすみ草の花束のような、きれいでやさしいお花畑。

これはもしかして在来種にとってはありがたくない環境なのかも…と思いつつ、わたしには梅雨の合間の、ちょっとうれしい発見となりました。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

Shoko Arashi 嵐祥子

2009年、デジタル一眼レフの面白さを知り「写真を撮ること」に興味を持ち、写真表現大学で作品制作を学ぶ。 その後、ウェディングフォトに従事、2012年からフリーランスカメラマンとして活動中。2015年から一児の母です。

https://arashishoko.localinfo.jp

記事一覧を見る

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 「掃除のちから」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 今月の旬を味わう「柚子」

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目の前 […]

  • イタリア時間「まだまだ遠い日本」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 「使ってみてわかる良さ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真とエッセイ「アサギマダラに会いに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 スマートフォンの普及で写真を撮る機会が多くなった昨今ですが、何を写すか、どう感じるか、など、 […]

  • イタリア時間「幸せのはかり方」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月の旬を味わう「ざくろ」

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目の前 […]

  • 「私の考えるおかたづけ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真とエッセイ「森の道」

    写真で日常を切り取る、びとくらし。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 スマートフォンの普及で写真を撮る機会が多くなった昨今ですが、何を写すか、どう感じるか、など、 […]

  • イタリア時間「不合理な日常茶飯事」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 今月は「ぶどう」

    季節がかわるごとに、いろいろな食材を目にします。 「旬」の食材をいただくことは、その美味しさはもちろん、自然に共調し心身ともに健やかにしてくれます。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか時間が目の前 […]

  • 「心に寄り添うお片づけ」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]