美徳と暮らしでbitokurashi

「便利さを見極める」

bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。
単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されています。
このコーナーでは小林さんが考える整理収納とは、彼女が提案したいbitokurashi (美徳と暮らし、人と暮らし)とは何かをライターによる書き起こし形式でご紹介します。
みなさんが、このbitokurashiの思いを感じてくださりますように。

※当サイトの主宰に対してインタビューを行い記事にしています。よって、敬称を使用しています。
「衣替えを楽ちんに」です。まだお読みでない方はぜひリンクからご一読ください。

ちょっとの思いつきで変わった習慣

便利だなと思って疑問もなく長年使っていて、ふとした瞬間に「これは本当に便利なものなのだろうか?」と感じることは無いでしょうか?
少し前に、スマートフォンの多機能性や先進性に疲れを感じた人たちが、ガラパゴス携帯に乗り換えるというちょっとしたブームが有りましたが、私が最近その便利さに疑問を感じたものが「キッチンの排水口ネット」です。

「キッチンの排水口ネット」とは、大抵の方はその存在はご存知かとは思いますが、方ならご存じだとは思いますが、排水口にあるゴミ受けトレーにこの「ネット」をかけておくことで、野菜の切れ端や汚れなどをキャッチしてくれて、トレーや排水口自体を綺麗に保つことが出来るというものです。

数多くのメーカーさんが除菌タイプや消臭タイプなど、様々な秀逸なタイプを開発されていて、またそれぞれの排水口の大きさに合うようにサイズも数種類あります。

何の疑問もなく、この排水口ネットを長年使ってきたのですが、ふと頭によぎったのです。
「排水口ネットを使っても、結局、排水口やトレーは毎回洗っているし、もしかしたらこのネットは全く必要がないものなのではないか?」と。
お料理をする度にこのネットを交換しているので、排水口も常に清潔に保たれています。
また、料理時に出るゴミはすぐに近くにおいているゴミ箱に廃棄しますし、このネットが大活躍しているわけでもないのに、ただ習慣として使い続けていたことに気づいたのです。

わざわざこの商品を買いに行くこともよく考えれば手間の一つです。

出来るだけ食材を流さないように気をつけて、使うごとにゴミ受けや排水口やササッと洗って綺麗に保っておくことで十分! これが私が出した結論でした。

基本を正せば本当の便利さが見える

今回は排水口ネットに焦点を当ててお話しましたが、実際の生活で「便利なはずなのに便利ではない」モノは多くあると思います。
もちろん、使い手の状況によっても便利である理由や基準は様々です。

キッチンを綺麗に保つコツでいうと、掃除はこまめにすること。モノを出来るだけ増やさないこと。これに尽きると思います。
使った場所は必ずすぐに拭き掃除。
キッチンコンロも油がこびりつかない内にササッと掃除。
洗い物をした後は、食器は拭いて食器棚へ収納。
そして、キッチンで使う器具は、その器具を一番活用する場所へその仲間たちと一緒に収納。

話しは少し逸れますが、先日、友人が私の家のキッチンを使う機会がありました。
私自身はキッチンから離れて作業をしていたのですが、その友人から「あるべき場所にモノがあって、キッチン迷子にならずに一人で食事の支度ができたわ」とお褒めの言葉を頂きました。

調理用具などについても、自分が使うものを必要な数のみ置くようにしています。
「便利そう」と思って買ったものの、めったに日の目を見ない用具がキッチンスペースを占領していること、よくありますよね。
こういったことが起きないように、定期的にキッチン用品の整理をすることもおすすめです。

恐らく一般的な消費者のみなさんが「苦手」と思われていることに関しては、あの手この手でその便利さを謳い、さぞ効き目があるかのようにその効能を説く多種多様の商品が販売されています。
特に掃除用品は、◯◯用、△△用と多種の用途に分かれていて、買って試してみたいという欲求をそそられるものばかり。でも、それを揃えてしまうとその整理だけでも一苦労と本末転倒な話しになってしまいます。

基本的に雑巾があって掃除の仕方さえ理解していれば、家中のどこでも綺麗にできるものです。
便利そうだからという理由でお掃除商品をたくさん揃えて、整理収納の邪魔になるなんてことはぜひ避けてくださいね。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

キッチンの引き出しに「りんごの切り分け器」が眠っていることを思い出しました。一度たりとも使ったことは無いのですが、バザーがあったら出品しようなどと考えて、ずっと「宝物」状態になっています。自分自身が楽になるためにも、余計なものは持たない、増やさないことが大切ですね。
なお、小林朗子さんのブログ TIDY LIFE DIARY でもキッチンの整理について紹介されています。
ぜひあわせてお読みくださいませ。こちらからどうぞ▶苦手な整理も、ここを乗り越えなくては

12月1日公開予定の次回では、実際の整理収納に対してのヒントを戴きます。
お楽しみに。
みなさんも小林さんに質問したいことがありましたら、ぜひメールやインスタグラムでのDM、メッセンジャーなどでお送りください。

聞き手と書き手:Atsuko Niwa

アイキャッチ画像はBrett HondowによるPixabayからの画像です。

当サイトの画像やイラスト、文書等の無断転載・無断使用はお断りいたします。ご使用をご希望される場合はお問い合わせください。

Akiko Kobayashi

当サイトbitokurashi 主宰。

不動産関係の企業数社にて広告・広報業務を担当、在職中に整理収納アドバイザー1級資格を取得。

その後、武庫川女子大学大学院修士課程にて生活環境学を研究し、現在は整理収納コンサルタントとして、一般家庭や事務所の整理収納業を担う。その傍ら、使い手の無くなった着物や帯を新しい形へとアップサイクルする”Ofukuwake”や、各種セミナーでの講師業など幅広く活躍する。

coordination.work

カテゴリー内の最近更新された記事

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「信じる者は救われる」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「金柑」

    2021年、あけましておめでとうございます。 想像もしなかったことが起こった1年を終え、新しい年を迎えることができました。 時間の使い方が変わり、家族やお友達との関わり方も大きく変わった方が多いかと思います。 悲しい出来 […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「会話が導くモノの行方」

    2021年、あけましておめでとうございます。 bitokurashiを始めて5年の月日が経ちました。 みなさんにちょっとした共感と気づきを楽しんでいただける場となるよう、今年も様々な日常をお伝えしていけたらと思います。 […]

  • 写真家からみえる景色

    「冬至のころ」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「冬至のころ」 晩 […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「見た目良ければ全て良し」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]

  • 旬の果物でひとつきひとくぎり

    今月は「レモン」

    いよいよ今年最後の月となりました。 季節が変わるように、食の中にも「旬の食材」があります。 しかしながら、毎日を慌ただしく過ごしていると、いつの間にか季節を通り過ぎることもあります。 この記事では今まで旬の野菜を紹介して […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「大掃除は心を込めて」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「お休み」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「お休み」 初秋の […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    私が影響を受けたイタリアの家具たち

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • 【お教室】折形-おりかた 年始を迎えるためのお飾り シリーズ3/3

    今月の折形 :年始のお飾り「竹」

    「暮らしのそばにある折形」の連載にご登場いただいています小池博美先生のお教室の第4回目が令和2年11月27日(金)に開催されます。 ご興味のあられる方はぜひご参加ください。 以下開催内容の詳細です。お申し込みはこちらをク […]

  • 暮らしのそばにある折形

    折形と出会って6年、そしてこれから

    折形と出会って6年、そしてこれから 日本には数多くの伝統文化が継承されています。 私達の生活で自然と受け継がれ、その由来に気づかず慣れ親しんでいるものも多くあり、 その一つに「折形-おりかた」があります。 「折形-おりか […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「日曜日は動物園へ」

    イタリア生活で見つける「びとくらし」 イタリアでの日常生活の中にある、すこしだけ幸せに感じたり、すこしだけリラックスできたりするような「びとくらし」的な出来事を、マルケ州アンコーナ住まいのライターが紹介します。 イタリア […]