「おふくわけ展」開催

着物リメイク「おふくわけ ofukuwake.jp」

「おふくわけ展」

4月7日、8日と京都烏丸五条の「コミュティラボN5.5」のギャラリーにて「おふくわけ展」が開催されました。
今までインターネットでしかご覧いただけなかった「おふくわけ」の商品を初めて手に取って見れる機会でした。

開催日は、数日前までの暖かな気候はどこへやらと思うような、3月に逆戻りした少し肌寒い二日間。
京都では一週間前に桜の見頃を迎えていましたが、少し遅咲きの桜も楽しめる良い時期でした。

開催された「コミュニティラボN5.5」は烏丸五条の町家をDIY・リノベーションをしたコミュニティスペースです。
シェアオフィスやギャラリーとして利用されています。

窓の大きなギャラリーなので、前の道を通る観光の方も目に留めていただきやすいですね。

様々な帯を使い一点ものの「おふくわけ」が並びました。
余すところなく帯を使う「おふくわけ」の商品です。外のデザインは一種類の帯からできたものも
あれば、他のデザインと組み合わせてできているものもあります。
内側の生地もほとんどが着物の生地でつくられています。

ご購入された方々も外のデザインと内側のデザインで迷っていらっしゃいましたね。

ものを選ぶ大切なところは迷うところかもしれません。
「選ぶ」「迷う」としている間にもそのものへの愛着が始まっているように感じます。

おふくわけ ofukuwake.jp

日本の「おすそ分け」文化。そもそも着物の裾を分けてあげるところから来た、このことば。
たいせつにしたいものを「おすそわけ」する。丁寧にいうと「おふくわけ」。
そんな気持ちをひとつひとつ丁寧にかたちにしています。

以前「びとくらし」で紹介させていただいた記事
https://bitokurashi.com/clothing/193/


コミュティラボN5.5

京都で不動産業をおこなっている株式会社コミュニティ・ラボが運営する「コミュニティラボN5.5」

「コミュニティラボN5.5」は地域コミュニティとモノづくりする起業家のための空き家活用をおこなっています。ギャラリーやシェアオフィスとして運用しています。

https://www.n-55.jp/

カテゴリー内の最近更新された記事

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「トウガラシ」

    春が過ぎ、夏の訪れを感じたら、梅雨入りとなりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いです。 食卓で季節を感じる食材を目にし […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    「大切なものを見つけること」

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「梅雨のあいまに」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「梅雨のあいまに」 […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(2)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「イタリアの朝食」

    「少しずつ日常が戻ってきていますよ」とイタリア、マルケ州アンコーナ住まいのライター丹羽淳子さんからのメッセージと今月のエッセイを受け取りました。 コロナ禍で大きな被害を受けている様子はニュースで見聞きしていますが、このよ […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「ゴーヤ」

    春らしいやわらかい陽射しが、少しずつジリリと焼け付くようなアツさを持つようになりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べることから季節を感じることも多いで […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    整理収納コンサルティングとしての気づき

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]

  • 写真家からみえる景色

    「すこしずつ、ゆっくりと」

    写真で日常を切り取る、びとくらし 「びとくらし」サイトトップのメイン写真をご提供いただいている、嵐祥子さん。 写真家ならではの視点や、景色の切り取り方、毎日の暮らしぶりを写真と文章で伝えいただきます。 「すこしずつ、ゆっ […]

  • 暮らしと空間をデザインする

    空間を活かす照明器具の選び方(1)

    インテリア探しやお部屋づくり、楽しくてわくわくすることですが、実際にはなかなか自分が思うように出来なかったことはありませんか? 空間デザインやインテリア製作コーディネーターとして活躍する小倉直美さんに、インテリア選びやお […]

  • イタリア時間でびとくらし

    イタリア時間「お祝いしよう」

    イタリアでの日常生活はどんな感じなのでしょうか。 ファッションや美術品、数多くの世界遺産で知られるイタリアですが、もちろん”日常”も存在しています。 そんな日常から「びとくらし」的なトピックを、マルケ州アンコーナ住まいの […]

  • 旬の野菜でひとつきひとくぎり

    今月は「三つ葉」

    自宅で過ごす時間が長くなり、外に出て自由に過ごせる時間が心から愛しく思えた今年の4月がようやく終わり、5月が始まりました。 季節の移り変わりは、気温の変化や外の色の変化など、様々な光景で季節を感じています。 そして、食べ […]

  • 美徳と暮らしでbitokurashi

    引き算する整理収納

    bitokurashiの主宰者小林朗子さんは整理収納コンサルタント。 単に住まいの整理を助けるという役割で終わるのではなく、整理するターゲットを住まい、ひと、街とへと広げ全体を俯瞰し、ひとの暮らしについて深く研究されてい […]